その他

情報戦争に勝つ為に素人でもできること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

本日が3日間の連載企画最後の日です。2日目の最後にお伝えした情報をどのように扱えば良いかという部分をお伝えしていきます。

情報収集の方法

私が情報収集に使っているサービスで毎日情報を得ています。今回は宣伝じゃないので名前は上げませんが毎日大量の情報をインプットしています。情報はインプットするだけでは使える知識になりません。情報を整理して分析が必要です。

前提条件は大量の知識

情報整理と分析は大量の知識が前提になります。ニュースの中から重要なキーワードを関連付けて方向性を考えていきます。すると進むしかない道が見えてきます。政治、経済、歴史、宗教、IT、金融、ビジネスなど総合的な知識が必要ですが、いきなりこれを知識としてインプットするのはハードルがやや高いです。

大人になれば自主学習はしない

エンジニアは自主学習は一生続きますが、サラリーマンで自主学習をしている日本人は世界から見て少ないようです。さらに長時間労働や主婦なら家事など中々時間がありません。そんな中、正しい情報収集と正しい情報整理、分析をできる時間を日常に作って習慣化するのはとても難しいと思います。

既に情報整理術は身につけている

情報整理や分析というと難しそうですが大半の主婦や大学生から年配者でも無意識に行っています。それは料理です。

  1. 大量のレシピを記憶
  2. 素材から料理を連想し、分析
  3. 料理から素材や工程を分析
  4. 冷蔵庫の限られた素材からレシピの記憶から参照
  5. 作れる料理を2, 3点仮説を立てて調理する
  6. スーパーという大量の素材から複数の料理を連想し購入

料理とはまさに情報収集、整理、分析全てを行なっているわけです。主婦こそ投資に向いているのかもしれません。

ニュースを整理するのも同じ方法です。

  1. 大量の知識を記憶
  2. ニュースの中から重要度の高いキーワードを取り出す
  3. 繰り返し
  4. 様々なニュースから関連性や利害関係が見えてくる
  5. 整理された情報から仮説を立ててさらに検証
  6. 業界、世界、国など次の一手が見えてくる

ほぼ同じことだと理解できたと思いますし、全く知識がないと次に進まないことも理解できたと思います。世間にある情報はほぼ意図があります。何が意図かどうかもしっかり判断しなくてはいけません。人参なのにじゃがいもだと思って料理は作れません。慣れてくればニュースを見ただけて繋がっていきます。

私は知的好奇心は強いので先ほどの政治、経済、歴史、物理、化学、科学、宇宙、生物、宗教、哲学、IT、金融、などなどこういう知識は普段から興味がありますので知識ベースがまず皆さんとは違うということ。ニュースを見ればこの知識を参照し、様々な関連付けを行い最適化を行うことができます。そこから独自の予想も行いますが、私は料理には興味ないので冷蔵庫を見てもスーパーに行っても何も作れません。知っているということは非常に強みになります。

閃きとは知識量

閃きとは過去の最適化よりも良い新しい概念が生まれることを良います。そのためには色々な組み合わせを知っていること。つまりは圧倒的な知識があって初めて閃きというものは生まれます。何も知らない人から閃きはまずありません。

学び方

まずは毎日ニュースをチェックするということ、そしてよくわからなくてもとりあえず目を通すこと。3ヶ月もすれば専門用語やキーワードは理解出来てきます。複数のニュースに記憶した専門用語やキーワードを見つけられるようになれば効果ありです。学ぶと並行して今の現状だけが知りたいという方は最後に別の方法をご案内します。

いきなり学び方だけ伝えられてもおそらくは何からしたら良いのかわからないとは思いますが一応解説だけはしておきます。重要なことは勉強とは思わないことです。勉強だと思うと3日で飽き、習慣化できないと思います。

ニュースは万能ではない

ニュースは全てを報道してくれるわけではないということを理解する必要があります。現在はインサイダーやリークが短期的には有利になってきますが、2日目にも説明した通り長期的には何も効果はありません。ニュースからキーワードを読み取り大きな絵にしていきます。

情報はポリゴン

以下の画像のようにポリゴンの一つ一つが情報だとすれば知識がないと、この複数の情報が何を表しているのかわからないです。

しかし分析の制度が低いうちは情報の数を増やしていくとどんどん輪郭が見えてきます。

だんだんと見えてきたと思います。情報収集、整理、分析とは大きな全体像を見る力かもしれません。

ここまでくれば何の画像なのかわかります。

リンカーンですね。たくさんの情報が集まれば情報の意味を理解することができます。前提知識があるとニュースを見ただけでこのリーンカンーンが見えてくるようになり、圧倒的な時間短縮になります。
0から10を説明するより3まで喋れば全て理解できる人がいますが、それは情報量があるからできるわけです。アフリカ大陸のとある部族の伝統料理を質問されても知らないのでわかりません。初期のビットコインやリップル、イーサリアムもこの状態でした。

各国の規制という誤解

世界中で規制が進んでいて業界がどうなるんだろうと心配している人もいるかもしれませんが、国家運営上ルール無しで戦うと富裕層や詐欺師が圧倒的に有利なことは明白な為規制ではなく明確なルール作りを世界中でしている状態です。殺人は犯罪ですが、犯罪として明記されていなければ犯罪ではありません。モラルと犯罪は別問題ですから、規制がない状態は有利な人と不利な人がはっきり分かれます。

これからの仮想通貨業界

12月時価総額は90兆近く行きましたが、現在は25兆円ほどです。私はまだまだ下がっていくと思います。2017年に荒稼ぎした人たちが撤退か、参入したけど損害を出して撤退した人か多くの人が売却している現状です。そして各国が明確なルール作りをある程度終えた所で銀行、機関投資家などが参入していきます。価格が下がっており参入しやすいからです。そこで莫大な資金が入ってきて時価総額は復活します。銀行は本当に利益が出るものしか投資しません。石橋を叩いて渡ります。機関投資家も絶対に勝てる時に参加します。つまり彼らお金のプロが参入してきたら仮想通貨の一応ルールは出来たと考えても良いわけです。そこから100兆はあっというまに超えるのではないかなと思いますが、ここで何種類か仮説が生まれます。

・ビットコインが生き残って1位の場合:現在と同じようにまた暴落の可能性がある
・コインが分散化された場合:銀行が参入し企業や新しい起業家が参入し、投機ではなく現実の事業としての市場が広がっていき、インサイダーなどは規制される。
・時価総額は以前よりも倍増したがキャピタルゲインなどは望めない市場になり、プロ同士の戦いになり素人や初心者は強制退場になる。

情報がどれだけ価格に影響するか何度も見てきたと思いますが、先日twitter社が仮想通貨の広告を禁止にするといっただけで価格が落ちました。しかしそれよりもさらに数ヶ月前のfacebookが広告を禁止にすると発表した時にいずれtwitter社も禁止にすると用意に予想できました。情報を知っている人なら今回の損害は回避できていたでしょう。

これからが1番稼げる時代

2017年のマネーゲームは富裕層の遊びで、偶然稼げた人はいますが法整備もまだ未完全なので税金など雑所得になっています。将来を考えずに税金をごまかした人たちはNSAのシステムで特定されいずれ検挙されていくでしょう。税金は7年前まで有効です。ブロックチェーンは一生残りますから過去は消せません。つまりマネロンの証拠は一生残るということになります。今後はしっかりと法整備がされ、妥当な所で落ち着くと思います。さらに価格の変動が大きすぎて資産として保有するのはリスクがとてもありました。しかし、銀行や機関投資家が参入してくれば価格は安定していきます。ただ保有するだけでキャピタルゲイン何百%で利益をあげる時期は終わり、情報収集を行い努力をした者だけが勝てる時期に入っていきます。

2017年初頭から言っていますが、本来は市場が作られることが望ましいです。投機としても保有することのリスクは2017年以前よりもリスクは軽減されます。今が仮想通貨低迷期と考えている人達は淘汰される側かもしれませんが、私はむしろこれからが1番稼げる時代が来ると考えて、今から情報収集や現状を把握していくつもりです。ルール作りが行われ、不正は排除されていくわけです。

2018年内ではないかもしれませんが時間の問題です。その時チャンスを掴むのは今全体を知ってる人だけでしょう。ようやく面白くなってきました。

結論が知りたい人

さすがにリアルタイムの価格変動はわかりませんが、これからこうなるから相関的に価格もどうなる可能性があるというシナリオという仮説は立てれますし、現状は確実に把握できます。実際に2017年初頭から分析通りです。忙しい人や勉強の参考にしたい人、暴落を防止する為の富裕層などが対象になるかなと思いますが、私が現状をお伝えします。仕事として調査できますし一石二鳥かなと思いました。

月刊Bilee始めようかと

なぜ有料かというと無料の情報だと学習意欲が弱くなるという問題点を回避する為です。1000円のセミナーと無料のセミナーだとお金を払った人のほうが学習意欲が高くなることはわかっています。さすがに何が起こるかというのは予想できますが、いつ起こるかを予想するのは難しいです。

メルマガを月額500円くらいで発行しようかと思いましたが、特定商取引の関係で名前書かないといけないのでそれも色々面倒だなと思ったので中止しました。頑なに面に出たくない理由は名前が売れても性格的に良いことないからですね。人生のテーマが傍観者でありたいのが名前が売れるっていうのは趣旨と違ってきます。

もし法人か個人どちらでも良いですが、代わりに配信してくれるなら情報を提供します。
条件は月額500円(税抜)にすること、目的はユーザーのリテラシー向上、この二つですね。

これから一発逆転という都合が良い話はありませんが、そして各国のルール作りが整うまで市場価格は荒れると思います。理由は価格が下がったことで以前参加しなかった投資家が流れてくる可能性です。それが現実になると大きく乱高下を繰り返します。価格が上がった下がったで見ると95%は損を出すと思います。そういう意味で中長期的な期間がかかります。2018年ではなくもっと先かもしれませんが、誰にもわかりません。私はもっと早いとは思いますが。

将棋と同じで選択肢は限られてきます。

  1. 投資家保護の為ルール作りをしなくてはいけない政府(ICO含む)
  2. 議会制民主主義は法案を制作、提出、議論、可決と時間がかかる
  3. その間にプロ達が動くので価格は大きく乱高下する
  4. 市場が安全になれば強者(銀行、機関投資家)が参入する
  5. 損害を1番敏感な強者たちが参入したということで、さらに投資家が参入する
  6. 法改正が行われているので内部リークやインサイダーは行えない(処罰の対象)
  7. マネロンも行えなくなる
  8. 市場の安定が前提条件として税収が増加し、税改正も行われ税率が下がる
  9. 撤退した一般投資家や一般人が戻ってくる + 参入
  10. 市場が安定するとブロックチェーン事業に貸付できるので起業家が増加する
  11. コインがさらに増え自然淘汰される
  12. 情報収集をしてきた圧倒的な知識を持っている人たちが新しい収入源が増える

これが何が起きるかという私の分析です。今後の世界ロードマップです。起きたあと時系列などを把握するのは時間がかかり難しいですからチャンスを逃すでしょう。まずインサイダーや内部リークが必ず規制されますので、それに頼っている人たちは必ず損害を出します。

分析術を伝授

実際に自分でも情報整理や分析を覚えたいっていう人もいると思いますので、その方達に教えようと思います。私の分析方法は直感型なのでニュースを見るだけで蜘蛛の巣のように繋がって見えてきます。頭の中に大きなマインドマップを常に準備している感覚です。自分でもどうやって行なっているのかわからない部分もあるので、もっと基礎的なセオリー的な部分から入り、私のやり方みたいな部分など段階的に伝えたいと思います。

皆さんのリテラシーが上がれば市場は安定します。市場が安定しないのはユーザーのリテラシーが低いという表裏一体であることは重要だと思います。金額はまだ決めていませんが一般的な英会話スクール的な金額設定で考えています。月1万くらいですかね。詳しくはライン@で連絡下さい。希望人数が少なければ行わないと思います。

分析ができること

分析ができるとは洞察力が上がるということでもあります。木だけを見れば林か森かわかりません。少し離れれば全体が見えます。アメリカではWebアナリストは高収入のプログラマーよりも収入が高く、年収2000万以上の方もいるそうです。

分析が苦手な方や情報収集を普段しない方の世界観

情報分析を覚えた方の世界観

比較する必要がないほど決定的に違います。

まとめ

  • Bitcoinの特定システム完成
  • ブロックチェーンの特性上過去は消せない
  • マネロンの証拠は一生残るのでいずれ検挙される可能性がある
  • 各国規制緩和のルール作りが進み
  • まだ価格の下落は続くと予想するが
  • お金のプロの銀行や機関投資家が参入すれば
  • 時価総額は跳ね上がり価格は安定していく為
  • 情報収集を行い正しい分析ができていれば利益は増加する

選択肢

1、自らが情報収集を行い分析をする。若い業界なので情報の更新は早い。
2、情報収集、整理、分析までを代行してもらい、現状をしっかりと把握する
3、自らも分析を学びながら、代行と並行してスキルアップする

3が理想です。仮想通貨だけじゃなくても使える能力になります。
職業とすればアナリストってことになるかなと思います。

連載の終わりに

とりあえず今回は3日連載として一つのテーマで書きました。最近更新もサボっていたのでまた書いていこうと思います。迷路は正面から挑むよりGPSや地図を持って上から見下ろして攻略しましょう。AIトレードは未来を想像しているのではなく過去の統計やリアルの状況という情報を高速に分析してトレードしています。

2017年保有していれば利益が出た方はラッキーで稼げただけですから、分析スキルを身につければどこの業界でも応用できると思います。

スポンサーリンク

SHARE