月刊Bilee

無料公開の分析方法と月刊ビリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

先日の記事で分析の方法を知りたい人は教えようかなと思いましたが色々考えました。その結果、良い所と悪い所がありましたので全部公開したいと思います。分析とは何なのか?

なぜ無料なのか?

今回実験的に無料で教えたいと思いますが、なぜ無料なのか前提として私の予想を立てました。

・日本人は大抵が農耕民族なので集団で生きる為意思決定も周りに基準を求める
・大半は誰かの言葉を受信して分析とは無縁の世界にいることすら自覚できていない人
・分析はしたいがよくわからないので意識的に誰かの言葉を受信している人
・実際分析を学びたいと思い情報を集めているかよくわからない人
・分析ができると思っているができていない人
・実際に分析ができる人

こういった種類に分類されるかなと思います。

農耕民族は1人ではできません。集団で行われてきました。判断も集団で決められ基準も集団で決められます。つまりよくも悪くも全体の意見に妥協点を見つけることができる。別の角度からすればとても優秀なんですが情報分析としては相性が悪いです。精神的に自立できていない場合、基準を他人に求めたり決断を集団に求めます。それを自分の意見と錯覚する場合だってあります。

表面的には分析と利益は直接的な因果関係はありません。つまり分析ができてもいきなり稼げるようにはならない。
しかし実際には分析と利益は確実に直結して因果関係があります。

何が起きるか、いつ起きるかを少なからず予想することでいつかは当たるからです。
分析をしても稼げるわけではないと考える人はそもそもの分析能力が低い為に因果関係があるという分析ができていない為、分析や情報に価値を見出せないだろうと考えました。

「儲かる話があれば教えて」「よくわからんけど儲かる」
こういう話が好きな人は基本的には思考停止状態かなと思います。

ちなみに分析能力が低くても稼げます。それが経営者や投資家です。賢い人が周りにてチームで良い商品や良い決断ができる為に結果的に稼ぐことができるからです。分析とは局面を予想するわけですからその局面自体を創造することがまさしく経営だと思います。簡単に言うと人生の主人公になりたいタイプですね。

分析とは

私は分析とは金を稼ぐという欲望的な価値観を越えて哲学者のような、「人間とはどこから来てどこに行くのか?」という本質的な問題がとてもきになるようなタイプの人間が向いているかなと思います。

主人公タイプの人間は人間を攻略する術をたくさん持っています。行動力があります。成功するまで続けるので成功するのは時間の問題です。細かく考えずやりたいと思ったら即行動する。私は人間の攻略の能力はありませんが同じ性質を持っている部分もあります。基本的な能力が低いので未来を予言するのは簡単だけど目の前の人間を動かす力は全くないという極端な状態です。

逆に言えば主人公タイプの人間は分析できる人間が近くにいれば問題ないと思います。
経営者などはそもそも視点が違うので労働者をしていないわけですから分析能力を金に直結させたいなら優先順位としては低いかなと思います。

特殊過ぎて習得できるとは思えない

もう一つ無料した理由として私はニュースを見ればだいたい道筋が見えてきますし、今までだいたい外したことはありません。特殊能力でもなんでもなく社会とは人間なので人間の行動パターンを知っていればそのように動くので予想するのは難しくないからです。しかし直感的に行なっているのでロジカルに教えるとなると相当な難易度だと思いました。

寄付という形でご自身が価値を感じただけ金額を決めてもらえれば良いかなと思います。できないことを教えて長く金を徴収するのは卑怯かなと思いましたので、無料で教えて会得のコツや価値を感じてくれた方がいれば良いと思いました。冒頭にもお伝えしましたが、そもそも価値を感じない人は前段階の分析ができないので、これからも何かしらの操り人間になっている可能性が高いです。その方も何か目覚めて頂ければ多少意味があるかなと思いました。

習慣化がとても大事ですが大人になれば習慣を変えるのはとても難しいです。強制的に仕事というタスクは発生しますし、仕事を中心として生活基盤があるので新しい学ぶ時間を組み込めるかと考えるとハードルは上がるかなと思います。
twitterやブログを見ていても殆どが的外れなので仮想通貨業界の未来はまだ時間はかかりそうだなと思います。

分析でできること

オカルト的に思うかもしれませんが今現実に私ができることを記載しておきます。

  1. ニュースから未来が予想できる
  2. 初対面でも100%の確率で心が見える
  3. メールするだけで無意識が見える
  4. 地球を俯瞰的に見えるような気がする
  5. アイディアがどんどん閃いてくる
  6. 1から3で10までわかるようになる

だいたいこんな感じです。直感型なので適当で申し訳なく思います。言葉から予想できるとは思いますが、教養は全くありませんので大学が何処とか全然関係ないです。

ニュースで未来が予想できる

大袈裟に書きましたが、人は無意識に同じ行動パターンを取っています。9割以上の人が日常の行動パターンがあります。例外があるにしても基本的には行動パターンをなぞります。会社員、学生、主婦、経営者、どんな肩書きや職業でも毎日決まった道を通り、ある程度決まったタスクを消化しています。過去の最適化である程度未来も予想できます。人は過去の記憶で成り立っています。つまり過去の記憶とは行動パターンの塊です。その規模が国家なのか生物なのかの違いです。

動物や虫の生態も解明されているからこそ治療ができるわけですから、ニュースから過去人間はどのような行動パターンを取ってきたのかを参照すれば未来も予測できます。2016年にこのブログを始めて取引所に預けるのはやめましょうと言いました。それは泥棒の行動パターンとテクノロジーの価値観を考えれば取引所に置いておくのは間違いだとわかります。

人と会えば100%の確率で心が見える

この辺がオカルト的だと思われそうですが、リアルタイムの心ではなく無意識が見えるということです。独自用語で読心術と呼んでいます。基本的にこれは人には話しません。秘密のほうが効果が出るからです。しかしビリーとして人と会うつもりはないので別にいいかなと思いました。無意識は人間の9割くらいを占めていると思います。意識できるのは1割未満です。心臓は自動で動いていますし内臓も自動で動いています。怪我をすれば自然治癒力が働きます。全て自動です。
DNAというプログラミングが無意識に身体に組み込まれています。99%が無意識で1%が意識だと言われています。無意識を知ればその人の行動パターンが読めるということです。オカルトではありません。洞察力です。

100%というのは今まで単純に外したことがないからです。全員に答え合わせはできませんが、少なくとも今まで出会った千人くらいは的中していますね。誰にも言わないことなのでこの確率も意味はありません。私の中での遊びです。私の口癖は「だから言ったじゃないですか」だと自覚しています。基本的に人間は他人の言葉は聞いていませんし、他人の言葉で変わりません。だから以前私が伝えたことなんて全く聞いていないわけです。その通りの状況が起きたとしても本人はなぜもっと強く言ってくれなかったのかと逆に責めてくるくらいです。というわけで基本的には人には助言しません。未来は100%ではありませんから、その人の行動パターンと思考だと何%くらいでこういう状況になるくらいしかわかりません。

例えば喉が乾いたからコンビニに水を買いに行こうと思ったとすると、これは本当にあなたが意識して決断したんでしょうか。身体の水分が減ってきて脳が水分補給を命令し無意識的に動きだし、その方法論として家の水道でも良いのにコンビニを選んだ。つまり意識とはコンビニで買おうっていう部分だけかもしれません。意識も無意識が支配、影響していると考えています。

コミュニケーションが苦手なので人の心が読めれば会話も予測できるんじゃないかなと小学生の頃に閃いてそれからずっとトレーニングしていました。20代前半くらいはもう自動で行なってくれます。しかし結果的に無意識はわかりますが、リアルタイムはわからないので結局は同じでしたが、日常的に行なってきたことが他の人はそんな風に考えないことを知り、この特技はとてもレアなことだと後々知りました。

漫画ですがとても特徴が似ているのが山本英夫さんのホムンクルスです。あそこまでオカルトではなりませんが似たようなことをしていると思います。

なぜわかるのかという部分ですが以前紹介したかもしれませんが公式があります。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

有名な言葉ですがこれが公式です。誰でも真似すればできるようになると思います。その人の言葉の選び方、タイミング、目線、服装、動きなど、分かれば逆算して思考がわかります。思考が分かれば行動が分かります、行動が分かれば習慣が分かります。習慣が分かれば性格が分かります。ちなみに私は心理学やメンタリズムは好きですが、勉強したことはありません。経験値的なことだと思います。学べばさらにスキルが向上するかもしれませんが、メンタリズムは他人を誘導することに特化した概念ですが、私は他人に興味がありませんので学ぶモチベーションが湧かないのはそういうことかもしれません。

これは文字でも同じです。なぜその文字を選んだのか、返信スピード、文字数、改行の方法などから自動的にわかります。オカルト的な話ではなく私の習慣と洞察力です。人に説明する時は後から言葉を考えるという流れです。私も含めて人は無自覚に大量の情報を発信しています、それをどんな風にキャッチするかというだけの話で、手品やオカルトではなく情報分析です。ジャングルで生活したらジャングルの生活ができるようになると同じでコミニュケーションが苦手なのでそういう工夫をしてきたという流れだと思います。

さらに踏み込んで言えば人は鏡で表裏一体です。必ず共通点があります。人間の遺伝子は99%一致しています。となりの人と99%同じです。1%に様々な個人の情報が書き込まれています。チンパンジーは96%。バナナは60%が人間と一致しています。つまり自分と相手は99%が一致しているわけですから共通点を探せば相手は自分、自分は相手という状態になり、その共通点を見つけることができれば相手の無意識レベルまで理解できます。これはどうやってやるのかわからないですが直感的です。直感的に会得したので会得できないんじゃないかなと思います。この特技はとても便利なので覚えたい人もたくさんいるでしょうけどね。

どこまでわかるのか

まずわからないことはリアルタイムの思考です。これは変化しますのでわかりません。

その人物が嘘をつく人間かどうか、利害関係で繋がる人間かどうが、裏切るタイプかどうか、基本的な性格から予測する行動パターン、信用できるかどうか、恋愛パターン、恋愛の失敗パターン、この辺が分かりやすいです。

ちなみにサイコパスはすぐにわかります。特徴的な話し方をします。
たまにするのがある集団の中で1番のキーマンを当てるっていうゲームです。

何が得れるかというと人を見る目がつきます。

地球を俯瞰的に見えるような気がする

これは気がするというだけでとどめておきますが、あくまでも予想の範疇なので外れるのもまた面白いです。予想とは違った動きをした時新しく私のデータベースに書き込まれます。

アイディアがどんどん閃いてくる

情報の受け取り方、関連付けができてくると何気ないキーワードの中から自然と関連付けしてしまうので色々とアイディアが出てきます。思考することが楽しさに変わってくると思います。

少ない情報で全体像を把握する

連想の能力が向上してくるとキーワードから完成図まで割と早く導けだせるようになります。

使える場所や機会

どこで使えば良いのかという部分は重要だと思います。

  • 日常生活でコミニュケーションツールとして
  • 好意を持っている人がいる場合
  • 合コンや、異業種交流会など
  • 国内の政治の流れを掴む
  • 各国の大きな方向性を掴む
  • ニュースから値動きを分析する

使い方は無限とあると思います。

分析とは呼ばない分析

過去の最適化が分析なのは間違いないと思いますが、そこから未来まで予測して初めて分析と言えるのかなと私は解釈しています。過去の最適化でも十分過ぎる特技だとは思いますが、せっかくなら未来を予測してゲームのようにして楽しみたいと思っています。

情報を統合して答えを出すのも分析ですが、「あ〜わ、を、ん」までの言葉を順番に並べてこらがひらがなと言われてもそれが未来にどのように影響するかわからないので私はその一歩先を見たい派です。

政治を学べば分析能力は向上する

政治、外交、防衛などなど、国内的か国外的かなど比較するものは大量にあります。例えば外交で国民の目を意識して強く出るが裏では融和政策を進めていたり、金が欲しいからすごく褒めてみたり、はっきりとは見えないが確実に存在する意図があります。私はコミュニケーションは外交で学んだと言っても過言ではありません。3人以上いれば政治化します。社内政治と言うくらいですから、発言力、影響力、意図、目的、などがニュースを見るだけでわかるようになります。

ニュースはただの材料

ニュースたくさん知っててもその材料からどのようにして答えを出すかの能力がないとレシピを知らないのに食材を大量に購入してる状態です。重要なニュースでも関係ないニュースだったり、関係ないように見えてとても重要なニュースだったりニュースを大量に集めるのはとても大事ですが、目的は仮説を立て予測することです。

芸能人が交通事故を起こしたニュースが報道されたとして、どんな怪我だったのか、何が原因なのかに目が行きがちですが、私はなぜそこに居たのかという点が気になります。帰宅なのか、ドライブなのか、遊びなのか。例えば不倫報道があれば今世間は大バッシングの流れですが、実はダブル不倫で夫婦仲はとっくに冷めていてお互い公認していたかもしれないとか、起きた結果も重要ですが見えない所を予測すると答えも変わってきますね。仮説を立てて検証していくと慣れてきます。

分析の方法や情報処理の方法を知っていればあとは情報をインプットするだけなので処理も数倍に早くなります。逆に情報の分析を知らないと大量の情報があっても答えが出ないと思います。今のタイミングならインサイダー情報をもらっていてもそれが上がるか下がるかも判断できず、情報を流した人の意見にすり合わせるしかない状態の人もいるのではないでしょうか。

信じる人を間違わないこと

日本人は他者に基準を決めてもらって集団で結論を出すのが得意ですからあえて自らが分析する必要もないと思いますが、やり方は理解しておきtwitter、ブログでしっかり分析できる人を探すことに使えば良いと思います。

フォロワーがたくさんいれば信頼できるのか?アクセスPVがあれば信頼できるのか?フォロワーが0人は信頼できないのか?アクセス1000以下だと信頼できないのか?

バーナード・ローレンス・マドフという元NASDAQ会長だった人間が500億ドルの詐欺事件をおこしたこともあることから、著名な人間が正しいわけじゃないことは証明されています。優秀な人が正しいわけじゃないということです。

逆に言えば正論が正解じゃないということでもあります。何を見て何を判断したかを日常で意識することは人に騙されにくくなると思います。

月刊ビリー

調べて見ると寄付を受け取る場合は特定商取引の記載は必要ないみたいです。私がブログとして記事を公開していきます。タダ乗りする人はいるでしょうがどうぞタダ乗りしてください。私が飽きたら月刊ビリーも終了ということになります。

今後の流れ

覚えてくれれば頭脳集団みたいなチームを作れれば楽しそうな会話ができそうですが、難易度は高いかなと思っていますので、たぶん会得できない前提で無料で記事として公開したいと思います。期限も特にありませんので価値があると思えば寄付してください。更新頻度は決めていませんが、ラインにいつもの通り通知したいと思います。

情報が資料ですから、ニュースの中からキーワードを抽出する練習など私が普段行なっていることを公開して行こうと思います。

寄付のお願い

毎月でも毎月じゃなくても、どちらでも構いませんが寄付があれば私のやる気が出るので月刊ビリーの期間延長と更新頻度、そして誤字脱字が減るかもしれません。

  • Bitcoin: 14Q3qo4nFHqes8aTBo5WPVDfBm2z4iadv5
  • NEM: NCSK2J5X6FXHETBQJZGCX22J7ZU6BFYAIPGQ3PCN

月刊ビリーに書いて欲しいこと

スポンサーリンク

SHARE