NEWS

トランプ大統領がこれから仮想通貨に与える影響を考えてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
トランプ大統領がこれから仮想通貨に与える影響を考えてみる

スポンサーリンク

本日2016/11/09に第45代アメリカ大統領にアメリカの不動産実業家のドナルド・ジョン・トランプが当選しました。今回の大統領選は史上最低の大統領選と言われ、アメリカ国内でも様々な議論が巻き起こりました。そして悪評高かったトランプ氏が大統領にまでなってしまった経緯はこれからの世界の行く末を暗示しているような気がします。私の独断と偏見の分析です。様々な視点で観れると思いますのでその一つだと思って話半分で参考にしてください。

様々な暴言や差別的思想

トランプ氏は選挙の演説で様々な暴言や差別的な発言が目立って報道されていました。リベラルよりの新聞さえもトランプを酷評していました。発言の意図はどこにあったのでしょうか?

オバマ大統領と似ている戦略

アメリカは特殊な国で日本のように選挙の書類が家に自動的に届くことはありません。本人に税金の支払いがあるかどうかで参加できるかできないか決まります。つまり税金を払っていたら選挙に参加できるが、税金を支払っていない人は米国人でも選挙に参加できないということです。

オバマ大統領はスラム街の黒人達に選挙を行えるようにして黒人票を多くとり投票しました。

トランプは白人の貧困地帯に全く同じことを行っています。これがすべてではありませんが、大きな影響を与えているのは事実です。

アメリカ本来の姿に戻りたい?

歴史にアメリカの本来の姿はアメリカファーストである。つまりアメリカを第一に考える。しかし第二次大戦で勝ってしまったばっかりに世界の警察に成らざるをえなかったわけです。そして様々な戦争をしてきたアメリカ。オバマ大統領が核を無くすとノーベル平和賞をとったから戦争も減らせるかもと期待したがダメだった。中国とズブズブなヒラリーより過激だけどアメリカ国民が言いたいことを言っているトランプ氏に票が集まったのかもしれません。

アメリカ人は西に移動したがる?

これは勝手な分析です。根拠はありませんが、アメリカ人は元々はイギリス人でした。そして西に移動してアメリカ大陸を見つけネイティブアメリカンを虐殺しました。そして次はハワイ島で原住民を虐殺、次に日本、次に朝鮮半島、ベトナム、アフガニスタン、イラクとどんどん西に移動していきます。広がりすぎた物は収縮するしてしまうのでアメリカ大陸に戻りたいという心理的なことがあるかもしれません。

57社対2社の戦い

アメリカの新聞メディアが57社がヒラリーを支持し、2社がトランプ支持でした。圧倒的な不利の中、アメリカ人の心の奥に溜まってきた政治への不満が一気に爆発したのかもしれません。

米紙 クリントン候補支持57社 トランプ候補支持2社

トランプを認めないと抗議で非常事態!

まずはトランプ陣営の勝利の瞬間からご覧ください

このように祝福されています。

一方抗議の声も日本とは違いとても行動的です。
抗議の為に旗を燃やす人達もいます。

人がどんどん増えています。

UCLAでもこのように熱いメッセージが贈られています。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校でも怒号が飛び交います

さてここまで見てましたが今回は支持率も半々だったようでどちらの意見もあるようです。
ここからは本題の分析を進めていきたいと思います。

トランプ大統領の影響は仮想通貨にも反映する

トランプ大統領の意見をすごく簡単にまとめると

アメリカが損をしてるからアメリカを第一に考える政治を行う!
アメリカだけが成功すればいい!

ということです。

さてビットコインの便利なところは他国でも僅かな手数料で10分足らずで送金ができる。ということでした。つまりとても自由な通貨です。アメリカ発信でこれから世界は混乱していきます。政治経験が全くない彼は単純にアメリカ一番と言って世界は動くでしょうか?

世界の不安がいろいろな場所で数字として証明しています。

ドル円が3円動いた

トランプ優勢時にドル円が円高に3円動きました。これはどういう意味でしょうか?円の価値が上がることを円高と良いいます。つまり世界の投資家はドルよりも円のほうが価値が高いと判断しました。つまりトランプ大統領に疑念を持っているということです。

さて、ビットコインはどうでしょうか?

11/9 17:40時点のビットコインのチャートです。

11/9 17:40時点のビットコインのチャート

このように一気に高騰しました。これはどういうことでしょうか?
ビットコインの価値が上がったということです。これから世界は混乱していくだろうとビットコインを所有する人達がこれからは仮想通貨の普及がさらに加速していくかもしれないと思い動いたチャートだと思います。

そしてもう一つ、ビットコインを持っていた人がトランプを応援していたということです。

インドが高額紙幣を無効にした

突然4時間後にインド首相が高額紙幣は4時間後に全て無効と発表し国民は大混乱になりました。あまり他人事じゃない気がします。トランプの影響ではないと思いたいですね。

その様子です。
ATMに殺到する国民

ATMに殺到する国民

ATMに殺到する国民

「高額紙幣は無効」インド首相が突然発表 混乱広がる

これからはビットコインを第二の通貨として利用するのはとても賢い選択肢かもしれません。

スポンサーリンク

無料EBook:Bilee式ビットコイン投資運用
6,000円が200万に化ける!?驚きの運用方法と理解するべきたった3つのこと

株式投資やFXのように本人の実力が大きく左右する投資は素人には手が出せるものじゃないですよね?
ビットコインなら初心者でも可能です!

  • 複利運用をすることで倍々ゲーム

  • 当サイトが完全サポートを決断

  • 投資の常識が180度変わる

  • 投資歴は関係ない


など具体的な運用方法の解説などを含めた全47ページに渡って完全解説しているものです。
あなたの資産をさらに増やしましょう。

新規登録や追加アカウントで紹介登録募集中!
登録するメリット一覧

  • 運営が会員に望んでいること

  • 末端の参加者でも稼ぐことができる画期的な方法

  • 5ヶ月で30BTCにする方法

  • 他の仮想通貨の投資案件紹介

  • 99%の会員が気付いていない本当の使い方


アップデート: 2016/11/07
バージョン: 1.0.2

ダウンロードする

コメントを残す