メンタル

MLMにおけるアップの存在価値とは何なのか考えてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
MLMにおけるアップの存在価値とは何のか考えてみる

スポンサーリンク

私は何度も申し上げておりますがMLMはあまり好きではありません。お金儲けが目的化している人が多いからです。お金とは目的ではなく道具です。目的は別にないとおかしいです。得意か不得意かどうか別にしてシステムは素晴らしいと思います。とても本質的ですからシンプルです。今回の記事はメンタルに関することです。私の独自の見解なので参考程度にご覧ください。

MLMの仕組み

広告を人間が口コミで行うことで会員に広告料を還元する仕組みです。マーケティングにおける広告料はとても重要な問題です。
紹介してくれた人々を組織でつなぎ貢献度で報酬が決まります。だからたくさん紹介した人は報酬が高くなり、たくさん紹介する人を紹介するということも貢献度に含まれます。

MLMはただのビジネスモデルですから好きか嫌いかというだけです。私はあまり好きではないが、それ以上に理念やビジネスモデルが魅力的だったということです。

アップの存在価値

アップとはなんでしょうか?結論を言えばたまたま先に始めたというだけです。それ以外にありません。いくら稼いでいても同じです。参加したコネや環境は別にしてMLMの定義から言うと「先に参加した人」がアップです。

情報は基本的にアップから貰うことになります。さてこの時に問題が出てきます。アップが正しい知識を理解しているかどうかです。広告を代行しているわけですからその参加している営業マンになるわけですから正しい知識を持っていることは必須になります。金額などは別にして現実世界でも営業マンの方がいればこの論理は理解して頂けると思いますし、スーパーやコンビニ、薬局、本屋なども同じで欲しい商品はどこにあるか質問すれば知っていればすぐに場所まで案内してくれます。分からなければ調べることができます。分からなければ上司に聞くこともできます。

こうやって正しい知識を伝えてもらうことで安心して利用することができます。

MLMのアップは選べない

正しい情報を伝えることがアップの存在価値と言いましたが、この存在価値を放棄している、または誤解しているアップがいます。MLMに参加する時は基本的に誰かに紹介してもらうことが条件になるため、きっかけの人物から参加することになります。その時運悪くこの誰かを紹介するには知識がなければいけない、また分からなければしっかり確認することができる人ということを守らない人から紹介されると正しい知識は一生伝わりません。

しかし基本的にはサービスの使い方や次に自身の行動の方法は誰でも伝えることができますので平常時にはこのアップの問題はとくには発生しません。使い方などは自分でも調べることができるからです。

有事の際の行動

問題は有事の際に発生します。bitregionで言えば2017年1月に発生したbitregion破綻説のようなことです。アップの役割はサービスの使い方と自身の行動の方法を教えるだけですから、それ以上の説明を求められます。

今どんな状況ですか?
これからどうなるのですか?
辞めたほうがいいですか?

などなど、質問は多数でしょう。そのアップはただ先に始めただけですから正しい分析方法を持っているという決めつけはいけません。会社の先輩に日本経済のこれからを聞いても答えることはできません。

情報源を複数に増やす

アップを変えることは方法論としてはありますが、基本的にはできないとしましょう。そうするとその情報源が一つというのはとてもリスクがあります。たまたま正しい分析方法、知識、投資マインドを持っている人なら良いですが、そうではない場合とんでもない答えが返ってきます。

しっかりと見極めましょう。そのサービスを招待してくれた感謝を持つことは当然ですがそれ以上は求めないという心構えが必要です。他にも情報源を持つことです。

独自解釈には気をつけろ

人間は先入観を持ってしまいます。これはしょうがないです。その時の状況にも思考が変化します。
ある方から相談されました。現在の状況を聞いていたところ彼は以前にハイプで騙された経験があるそうでした。だから過去のパターンから信用させて飛ぶ、作った人がいい人だけど過去そんな人はいない、過去に閉鎖したハイプからこの後何かキャンペーンを行えばリージョンも危ないかも。

このような分析を行っていました。

さて単純な疑問ですが、恋人にフラれてしまった時にすべての人がフった恋人のように同じでしょうか?もちろん違いますね。だから過去の統計は全く当てはまらないことがわかります。そしてハイプとリージョンを同一視しているビジネスモデルの誤解。正確に言えばまだまだあります。詳しくは知りませんが、それなりに稼いでいるそうです。しかし私からすれば分析点を与えれば100点満点中10点くらいです。

そのためにファンサイトを作りました。その中で間違った知識もでるかもしれませんが訂正できる人もいるので結局は正しい知識に洗練されていくという仕組みです。

他にも同様の相談をされました。今回の一気にGHの数字が減ったり増えたりしていることもそれぞれが分析を始めます。その独自解釈を伝えられた時に注意してください。

詳しくはわからないけどこういうことかもしれないという、実際はわからないということをアップから聞いた場合情報源としては公平だと思います。私もたくさんの人に私の解釈をお伝えしましたが、詳しくはわからないということをしっかりと伝えています。アップのプライドなのか答えたい人もいるでしょうが、わからないことはわからないです。これが科学的で論理的な発言です。

幽霊はいるのか?

「いるかもしれないしいないかもしれない。今の科学ではわからない」
これが正しい答えです。

MLMにはダウンの面倒をアップが見なければいけないという暗黙のルールがあると言います。もうその時代は終わったと思っています。特にP2Pのビジネスではそんなことは不要です。それぞれがそれぞれを助けることでP2Pは正しく動作します。自分たちもP2Pの一部だと理解しましょう。まだダウンの面倒はアップが見るべきと思っている人がいたら30年古いビジネス感覚だと思って良いと思います。ITの世界ではかなり前からオープンソースという自社で開発したソフトを無料で公開しています。これは無料で公開することで誰かがそのコードを使い新たなクリエイティブな発明が起きるからです。

そして業界は発展してきました。先日モバイルのgoogle Chromeをオープンソース化したとニュースがありました。ビットコインもオープンソースです。ウォレットもオープンソースです。リージョンという世界最先端のビジネスに参加している人たちこそMLMという枠を取り除き全員で教えあうということが大事だと思います。

スポンサーリンク

SHARE