メンタル

騙されない!情報の迷路に迷わない為に必要な心構えと少しの努力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
騙されない!情報の迷路に迷わない為に必要な心構えと少しの努力

スポンサーリンク

以前にビットリージョンを信じるなという多少過激なタイトルで記事を書きました。見ていない方はこちら
ビットリージョンを信じるなとはっきりと言える理由
こちらにも共通することですが投資やビジネスは情報が大事です。消費者に情報は必要ありません。1月14日現在先日発表された任天堂の新ハードをプレイする為に任天堂の株価や収益などは必要ありません。消費するだけですから購入して思う存分遊べば良いとおもいます。しかし投資やビジネスは利益を上げなければいけませんので情報は最も重要になります。しかし一番大事なのはメンタルです。今回はメンタルについて記事を書いていこうとおもいます。毎度のことながら誤字脱字はご了承ください。

メンタルって何?

メンタルとは精神力のことだと思っています。アスリートが120%の力を本番で出せるようにメンタルトレーニングをするということと、共通していると思います。投資するのになぜメンタルが必要なんでしょうか?情報に従って資金を入れれば儲かるのでは?と考えたくなります。一見関係ないように思えますが、私の見解ではメンタルが一番重要だと思います。

ギャンブル

ギャンブルとは勝負ごとにお金をかけ勝者が一定の割合をもらえるということになります。ここに運営料(てら銭)が最初に抜かれそして勝者に支払われます。カジノではハウスエッジと呼びますが同じ意味です。中央競馬なら原則、賭け金の25%が主催者側に先に利益となり残りの75%を払戻金となります。宝くじはさらに下がり52%が払戻金となります。宝くじを買った時点で既に48%も損をしているということになります。買わなければは勝てないと良くいいますが、買っただけで損をすることになります。

カジノはその辺がとてもうまくできており緩やかに資金が無くなります。ギャンブルは利益より損失の方が大きい「マイナス・サム」のゲームということになります。

株式とFX投資

株式、FXトレードはハウスエッジが少なく誰かの利益が誰かの損失になる仕組みです。「ゼロ・サム」のゲームということ。

投資

投資とは「プラス・サム」の経済行為だと言えます。国や企業の経済成長とともに資産の価値が増え分け合うパイが増加していくからです。ビットリージョンはこれに近いでしょう。企業に投資するわけではありませんから多少違いますが、寄付、運用で配当をもらうという共通点があります。違いはそれ自体が経済活動を行っていないという点です。逆に言えばいきなり価値が下がりにくいという大きなメリットもあります。

取り返すという危険な思考

ギャンブルや、株式、FXを行う人で負ける人にありがちな思考です。カジノのルーレットを例に出しましょう。赤か黒にかけるとルーレットの目の出た色にベットした倍のチップがもらえます。黒にベットして赤が4連続きました。次は黒だろうと思い黒にベット、また赤でした。あるカジノでは27回連続で同じ色がきたという記録も残っています。何回連続で同じ色がきても次の確率は50%です。これを独立事象と呼びます。

株式やFXはどうでしょうか?自分が上がると判断し購入しましたが下がってしまいました。次は取り返すと意気込み次は上がるだろうと購入また下がってしまい損になりました。気がつけば準備した資産がほとんど残っていなかった。

これは何が言いたいかというと先入観や思い込みです。次は来るという何の根拠もない思い込みや間違ったデータで判断し損をするケースです。

論理的思考を身につける

私はこれが一番メンタルを鍛え判断力を底上げしてくれる思考だと思います。どんな情報がきてもまずは冷静に見ましょう。ここからは情報を整理するために何個か考え方としての例をあげますので参考にしてください。私の持論なので万人に当てはまるとは思いませんので参考程度にお願いします。

思い込みや先入観で判断しない

ビットコインを初めて扱った人も以前から持っていた人もいろんなサービスが出てきて何が良いのか。何が悪いのかよくわからなくなってきた。という質問を以前もらいました。有名な人がオススメしてる投資案件、最近始まったばかりの投資案件、これから始まる投資案件、案件ばかりでどれが偽物でどれが本物か、どれが稼げてどれが稼げないか、このような混乱になると思います。

一気に判断するのではなく一つずつ解消しましょう。

有名な人がオススメしている投資案件

これは日本人に多いかもしれません。この人が言っているんだからという思考や、驚きの経歴やカリスマ的な魅力を持った人がオススメしているんだから大丈夫という人が多いです。主にMLMの業界だと思いますがMLMは投資ではありません。広告を代行しているにすぎません。
MLMとして参加して投資した人が彼らの思うままに行動します。そしてサービスから支払いが遅れてくると、サービスを信じましょう!といった意味不明なコメントが出てきます。ハイプのグループチャットに潜入してみてみると入ってくるはずの配当が止まってしまったと阿鼻叫喚していました。そして最後は信じましょう!あの方が言っているのだからという話に変わっていました。

投資とは論理的な数字計算であり信じるという行為はありません。ビジネスモデルが成立していれば信じる必要もなく当然に成立します。ビジネスモデルが破綻していれば当然いつか破綻します。その価値があるかどうかで判断するとてもシンプルなことです。
誰かを信じてお金を出すのは投資ではなく宗教です。

MLMはカリスマがいますから宗教化しやすいのは理解できますのでそう言った被害に合いやすいというのもまた当然と言わざるを得ません。そのカリスマはただ早く始めて人をたくさん紹介しただけでカリスマになれますからその人物がどういう人かわからないままたまたま早く参加しただけという運でカリスマにしてしまいますからさらに危険です。

解決方法

これは簡単です。お付き合いという日本では素晴らしい文化がありますが、投資では切り分けましょう。その人が悪意ある人かどうかわからないならなおさらです。自分が何をしているかを自覚しないまま金銭を払うのは投資ではなくギャンブルです。いかに素晴らしいサービスでもたまたまよかっただけで別のサービスを利用した時に詐欺られるでしょう。自分が何の為に何をしているかを理解しましょう。この人が言っているから大丈夫という発想はすぐ捨ててください。参考程度で良いと思います。もちろん私も信じないでください。完璧な人間ではありませんから失敗もたくさんします。

この情報は誰に一番得があるのか?を考えましょう。そしてその意図をはっきりと公開できる人は参考になると思います。

新規案件について

新しく始まるサービスや公開前のサービスの話もたくさん回ってくると思います。身も蓋もない話をしてしまって恐縮ですが一般人に回ってくる投資案件は期限切れかMLMのサービスしかありません。必ずこのどちらかです。例外は99%ありません。
ビットリージョンも素晴らしいサービスです。これの素晴らしいところは資産がない人間でも資産がある人間でも仕組みをうまく使うことで資産を増やせることができることです。そしてビットコインを使っているから成立しているサービスです。しかしMLMの要素もあるので回ってきたということを理解しましょう。もしビットリージョンにMLMの要素がなければ絶対に話は回ってきていません。誰かがあなたのおかげで得をしますが、あなたにもしっかりとした得がありますよというのがしっかりとしたサービスだと思います。

初期や公開前の投資案件は桁が二つほど違います。1億あれば面白い案件がある、一口5000万だけど、などこういう話だと思ってください。本当に資産があればビットリージョン自体が始まる前に話があったかもしれません。年収2500万以上の人は日本の0.2%ほどしかいないのでそれなりに知り合い同士っていうパターンが多いですからコネでしか回ってこないということですね。

これまでに破綻したサービス、まだ続いているサービス、何の為に登録するのか?誰が得をするのか?短期?長期?
様々な情報を一つずつ分析して考えましょう。

詐欺か?本物か?

まずビットコインの特性を知りましょう。なぜビットコイン関係の詐欺が多いのでしょうか?それにはビットコインの特性が大きく影響しています。

手数料が安く、海外でも数分で送金できる
匿名性が高く、個人を特定できない

この二つが重要な点です。金を集めやすく逃げやすいっていうことですね。
ビットリージョンは会員同士のやりとりなので持ち逃げなんてすることはできません。

メンタルを鍛える日常の過ごし方

さて、投資メンタルを持っている人はどれくらいいるでしょうか?2500万以上の人は0.2%です。海外資産などが入れば本当はもっといるでしょうけど、それは置いておいて約9割くらいの人が普通の人ということです。投資を行いかつ勝っている人ということは2500万円以上あるという勝手な推測です。自称投資家だけど勝って無いなら一般人と同様だと扱います。

投資メンタルを持っていないから投資を行っていないのではないでしょうか。手法は本やネットでたくさん出回っていますが、メンタルを鍛えるというのは中々難しいです。

自分を信じるだけ

何度も言いますが私の勝手な見解です。参考にしたい人は参考にしてください。
他人を信じるのではなく自分を信じましょう。これは逆説的に自分を信じる為にはそれだけ検証や分析を行ったという自信があるから信じれるということになります。何の根拠もなく信じても意味はありません。それはこの台は当たると勘で言っているパチンゴギャンブラーと同じです。尊敬している人も間違うかもしれません。その時莫大な損失になってもその人を信じれますか?きっとこの人のせいにするでしょう。しかしそれでも信じれるなら投資ではなく宗教なので今すぐ自称投資活動から手を引くべきです。

自分で考え自分で納得し様々な人の意見を聞き分析する。分析できないなら一人ではなく数人の見解を聞きましょう。
その中で利害関係を構築しようとしていない意見がおそらく本物です。

利害関係とはその見解であわよくば自分のビジネスに勧誘することです。こういう人間は必ずいます。100%支持されるサービスはありません。多少なり批判的な人間は存在します。その人をしっかりと見極めていきましょう。

よく何を言ったかではなく誰が言ったかという言い方をします。その人の経験が信憑性になり信頼度があがるということでしょうが、本当は逆です。誰が言っても本物の情報は情報です。この誰が言ったかにこだわりすぎてその人の言いなりになっていませんか?

日常からできる特訓

毎日どんな些細なことでも疑問を持つようにしましょう。なぜだろうか?と疑問を持つことでその本質を探ろうとします。太陽が朝登り夜沈むのは理由があります。地動説、天動説すべて理由があります。疑問を持ちそのものを動かしている仕組みを調べたり予想したりしてみましょう。
するとどんな勧誘が来てもしっかり考えることができます。

2017年1月のデマで明らかになったことはビジネスモデルを理解していない会員が山ほどいたということ。他人の言いなりに自分の大事な資産を支払っていること。この2点です。つまりなぜ自分がそこに参加しているか?という一番大事なメンタルな部分が全く無いので有名な人に言われたままに参加し、自分の理由が無いのでちょっとのデメリットな情報にブレてしまうということでしょう。

しっかりと分析して自分で納得したらあとはルールを変更するのはよくありません。自分自身に嘘をついたということになりもし失敗しても成功しても何も学べ無いからです。最後は自分自身を信じるということがブレないメンタルを作ることができます。

Bileeのメンタル

私は自慢じゃありませんが全くブレません。失敗はしたくありません。しかしそれはすべて結果論だからです。失敗も成功も結果論だから、その道中はビットリージョンをとことん分析しビジネスモデルを調べました。そこで腹は決めました。あとは自分を信じるだけです。どんなデメリットな情報が来てもしっかりと分析することができます。最初の分析のおかげで判断がつくということですね。皆さんにオススメしたいのはしっかりとビジネスモデルを理解しましょう。ビットリージョンだけではなく町のうどん屋、定食屋でも良いです。席数、面積、店舗環境、立地、店員の人数、メニュー、金額、原価、などです。確認しようがないので外してても問題ないと思います。習慣ができればとっさの状況でも不安になることはありません。不安になっても何も解決しないからです。不安になるということは無意味な時間です。人が不安になる時は未来がわからなくなったり知らないことに不安になります。未来はわかりませんので、考えるだけ無駄です。分析した自分を信じましょう。知らないことに不安になっても意味はありません。すぐ調べましょう。

長くなりましたが、最後に私の大事にしている格言をお伝えします。思考と習慣がどれだけ大事かわかります。有名な言葉なので知っている人も多いと思います。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

さて、できることはなんでしょうか、簡単です。思考を変えるだけです。自己啓発みたいになってしまいましたが、悪意ある情報に騙されない為に参考にして頂きたいです。

スポンサーリンク

SHARE