BR FanClub

世界初のBitRegionのSNS日本ファンサイト発表!グループの枠を越える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
世界初のBitRegionのSNS日本ファンサイト発表!グループの枠を越える

スポンサーリンク

1週間ほど前から徹夜で作業を行っていました。今回の騒動に学び同じ轍を2度と踏まない為にグループの枠を越えて団結する必要がありました。その為にビットリージョンの日本ファンサイトを作成することでした。ファンサイトと言ってもSNS機能があるのでとても高機能なサービスになります。

原因を全員で理解しよう

今回の騒動をまだ知らないで最近参加した会員さんの為にも解説しておきます。1月上旬にある悪意あるデマでたくさんの人が不安になりGHを始めました。そしてこれが要因でGHの列が多くなりました。世界各国のリーダーたちも心配してくれています。しかし悲観的になることは全くありません。今回に学び次に活かせば良いのです。問題があるということは原因があります。その原因を解明し対策を行えば解消します。

原因を探る

今回の原因は悪意あるデマではありません。100%の合意は存在しませんから否定派は必ずいます。今回の問題はビットリージョンの仕組みを理解せずにどんなサービスに参加しているか知らないまま参加していた人が多数存在していたということです。ただ稼げるというだけで参加していたのでしょう。これでは本質が見えないのでリージョンではなく他の詐欺に必ず騙されると思います。どんな詐欺サービスも稼げるようなストーリーを書いているからです。稼げるか稼げないかで投資を行っている人は必ず騙されると断言できます。

リージョンのビジネスモデルから見えてくる理念を理解しましょう。

理念は根になる

ビジネスモデルを木に例えると理念が最初に生まれ、その後に手段が生まれます。理念は木の根になりどんどん地中に張り巡らせ木を安定させます。手段は木そのものなのでどんどん伸びていきます。いろんな枝葉に分かれて発展していきます。理念が根として大木を安定させているからです。稼げるか稼げないかの視点の人は巨大な大木を見て参加したんだと思います。しかし根っこを見ていないので土の上にただ置かれている巨大な大木と判断してしまいデマという強風で倒れると勘違いしたんだと思います。強風が悪いことですか?強風はいつでも吹きます。大事なことは根を理解しなぜ大木が立っているかを理解することです。

パニック時の本来の常套手段

本来こういう時は指導力のあるリーダーが顔を出し、問題ないと声明を出すのが組織における常套手段です。フィリピンのリーダーも批判していましたが、私は日本とフィリピンでは環境が全く違うと思います。日本では有名になればなるほどデメリットしかありません。例えば本業である程度の地位にいる場合MLMはあまり良いイメージがないですからMLM要素のある副業をしていることになりますから、本業に響いてしまいますね。

それをすべて理解した上で私がその役目を担うため今回のファンサイトを作成しました。

ファンサイトの大きな利点

なぜSNSのファンサイトなのか?普通のサイトじゃダメなのか?という疑問もありますがはっきりと言えるのが日本人の民族性を考えると他者との距離というのがとても重要です。他の人も参加しているという共有や共感です。普通のサイトではそれが伝わりません。

情報の伝達の合理化

他者との交流は悪い方向に向けば今回のデマのように一気に不安が伝染します。どこから回ってきた情報源か確認せずにとりあえず不安になるという荒技です。逆に言えば情報源がはっきりしていれば客観的に見えます。ラインのシェアやfacebook、Twitterでは情報源が確認できないので裏取りができない、つまりはデマと同等の情報信ぴょう性しかありません。SNS機能を持つファンサイトではファンサイトの中でいくらデメリットな噂が流れても私がはっきりと嘘か本当かを断言できます。

指導力のある方が日本ではこれができないのでラインで声明を出して回すのが従来の方法でした。利害関係のある普通のMLMではそれでも大丈夫でしょうが、今回は情報共有というのが一番大事です。数万人の規模の会員にシェアだけで回すのは非現実的です。そして見たかどうかも確認できないのは致命的だと思います。今回のファンサイトでは誰からか回ってきた情報ではなく私から投稿された情報という情報源がはっきりしている大きなメリットがあります。

もっとBitRegionを楽しむ方法

フィリピンの会員たちの動画は先日の記事に貼りましたが、とても楽しそうです。もちろんあのような交流を望まない人もいると思いますが、望んで士気が上がり素晴らしい毎日として充実できれば誰も損はしません。リアルで交流したい人たちでイベントを決めたりやグループを作ったりなどの機能もあります。孤独にリージョンを行っている人や、グループに馴染めない人、もっとリアルで交流したい人などたくさんいろいろなことができます。

新規会員を全員で教える

通常MLMでは他のグループを教えたりすることはほとんどないそうです。自分に何もメリットはありませんから。しかしビットリージョンでは関係ない人を教えることでその人からPHがもらえるかもしれません。全員にメリットがあります。他人任せではなく自分たちがリージョンを良くしようという意思が大事だと思います。

リージョンはビットコインと同じ理念

ビットコインは中央集権からの離脱です。それぞれがシステムになりセキュリティを強固にします。リージョンも理念を共有しそれぞれが誰かのGHをPHする代わりに引き出させてあげます。今回のファンサイトも同じ理念です。私というシステムのコアを共有しそれぞれがP2Pとして誰かに依存するのではなく自分たちが団結してリージョンを良くしようと思うことが大事です。私たちには新規で入ってくる人たちの為にリージョンを維持しておく責任があります。チャンスは平等に与えられ全員が恩恵を受け取ることができます。個人の利害、グループの利害を越えて協力することが1番の自分の利益になることになります。

Thomasからの言葉

フィリピンのリーダーが私をグループに誘ってくれました。そこにはトーマスからの言葉が書いてありました。アメリカ人の方にご協力頂き翻訳しました。まず証拠です。

BITREGION_INTERNATIONAL

こんにちは、みんな。自己紹介します。私の名前は、Bitregionの創立チームとコアプログラマーの1人であり、主に顧客サポートを行い、グローバルビジネス開発をサポートしているThomasです。
より多くのことを知りたい、あるいはコミュニティの援助、特にグローバル展開に関連する問題が必要な場合は、直接私に連絡してください。。技術的な問題についてはホームダッシュボードパネルプラットフォームで、チケットを発行してカスタマーサポートに送信してください。私たちは送られてきたチケットのフォローをすぐいたします。現地での問題については、ジェームス・ポーをフィリピンのカントリーリーダーとその他の地域組織でも何名かカントリーダーとしてここに任命します。

私はこのプラットフォームを所有しているかどうか尋ねる人もいます。新しいBitcoinユーザーがこの通貨を徐々に採用するための安全なシステムをそれなりに提供することで、世界中のBitcoinユーザーを急速に増やすことが、このプラットフォームの創設チームの目標であるとはっきり断言します。

それでBITREGIONは徐々にBITCOIN の富が我々の積み上げられた努力で反対派の西金融システムを元の富を分散させて人々にその財力を戻すことができるようになります。得に貴方のようにこのシステムを後から貢献してきた人たちはこのCOMMUNITYを後押しします。 しかし何もアクションと多大な努力が無いとビットコインを未使用ユーザーには何も変化はおこりません。そのために我々(創業チーム)はこの分権 プラットフォームを設立したのですから、これからは貴方の責任で実現が可能になるのです。

このPLATFORM 純粋に分権型 で、すでに貴方方が経験したとおり我々の支払いシステムは純粋なピア・トゥ・ピアの支払いシステムです。創業チームはこのシステムから何も利益を得ません。我々の目標はIPO STOCK MARKET にいつかトップにこのBITCOIN COMMUNITYが出てくればそれが一番の収穫なのです。それと、ただ単に今ある反対派の銀行システムが大嫌いだからこのシステムを作ったのです。 我々は引き続きこのCOMMUNITYの全メンバーのみが力をつけていけるように分権していきます。 それと以前の質問に戻りますがBITREGIONは誰にも所有されてません。私でもなくJAMESでもなく他のCOUNTRY LEADERたちでもなく、貴方のでもないのです。このプラットフォームは我々全員のもので、我々全員が所有してるのです!!ですから我々将来の富をBITCOINで迎えられるように作り上げていくことです。!

注:皆さまのこれまでのサポートに感謝しております。我々は世界中のBITCOINの価格にたいして多大な影響をもたらすことができました。わずか6か月間で150%以上のメンバーが急なスピードで増え続けてます。BITCOINのレートはBITCOINの生産レートよりもはるかに高いので単価が上がってます。再度感謝いたします。現実的にもっと価格を高くすることができるのでぜひ一貫して行いましょう!!。

1%の人たちに富が集中しています。その富を分配できたら?そんな現在の資本主義の一番の弊害をひっくり返そうとしています。リージョンがハイプ?という記事を見てみると理想のレベルが違いますね。小銭を稼ごうという話ではありません。彼がリバタリアニズムのリバタリアンだということを暗黙に証明しています。多少難しい話ですが、ご興味があればリバタリアンと調べてください。アナーキズムではなくリバタリアニズムだと思います。

NoをYesに変えるのではなくYesの人間を集めましょう。反対派を論破するのではなくYesの声を集めましょう。反対派に過剰に反応するのは良くありません。彼らとは目指しているステージのレベルが全く違います。

BR FanClub

「BR FanClub」これが正式名です。

機能は
マイページ
Twitterのような機能
イベント
グループ作成
メッセージ
通知機能
フォーラム
TO-DO

以上です。今はこれだけですがこれから増えるかもしれません。

収益構造無し

このサービスは収益構造を全く作っておりません。広告も貼っておりません。皆さんの寄付で運営していきます。
その為このサービス内での一切の営業活動は禁止です。もちろんナンパ目的も禁止です。規約で書いてますからすぐに私に連絡が来ると思います。

新規が獲得できない仕組み

利害関係を持ち込みたくなかったのでサービスの構成的にここから新規会員は獲得できません。利害関係は全く無いサービスです。寄付がなければ私の手出しで運営していくことになります。

登録方法

前置きが長くなりましたのでそろそろ本題に入りたいと思います。

URL
https://br-fan.org

BR FanClubの登録方法

1: アカウントを持っていないのでアカウント作成をクリック

BR FanClubの登録方法

BitRegionと別のIDとパスワードにしてください。

2: 英数字のユーザー名を入力(ログインに必要)
3: メールアドレス(キャリアメールはドメイン拒否設定にしていたら届かないかもしれないです。)
4: パスワード
5: パスワードの確認
6: ユーザー名(日本語可能)
7: 性別を選択
8: BitRegionの登録日を入力(非公開です)
登録完了をクリック

BitRegionに参加していない人は参加してから登録してください。

BR FanClubの登録方法

このような表示になります。登録したメールアドレスにメールが届きます。
メールが届かない時は迷惑メールに届いていないか確認してください。
メールが届かない場合はbilee@bilee.netまでご連絡ください。

BR FanClubの登録方法

9: アカウント有効化の為のリンクをクリック

BR FanClubの登録方法

10: HOMEをクリックしてログイン画面に戻ります。

BR FanClubの登録方法

英数字で入力したユーザー名とパスワードでログインしましょう。

BR FanClubの登録方法

PCの場合

11: 名前の上にマウスを置くとメニューが開きますのでプロフィールをクリック
12: プロフィールが開いているか確認してください。
13: 編集をクリック

スマホの場合

BR FanClubの登録方法

右上のメニューをクリック

BR FanClubの登録方法

プロフィールをクリック

BR FanClubの登録方法

14: パーソナルをクリック

BR FanClubの登録方法

15: 自己紹介スペース
16: BitRegionのアカウントレベルを選んでください。

BR FanClubの登録方法

17: BitRegionの現在の知識レベルを選んでください
18: 居住地
19: 趣味
20: 特技

必須と書いていない部分は任意です。公開レベルも変更することができます。

これで一通りは完了です。右メニューにあるチュートリアルを一通り見て使い方を覚えてください。とても高機能なのですぐ使いこなせないかもしれませんが、ゆっくり覚えてもらえればいいと思います。

マルチシグのウォレットがあれば管理人と代表者とウォレットを作りイベントの為の会費を集めることも可能です。マルチシグは第三者の承認が必要ですから悪用されることはありません。

サーバーはとりあえず様子を見てみようと思いますのでまた時期を見てアップグレードしようと思います。

普通のMLMではできない利害関係を越えて団結しましょう。

登録者が殺到しアクセスがおそらく集中する可能性がありなかなか繋がらないといった可能性も考えられますので時間をあけてアクセスしてください

今後の計画

寄付次第ではありますが、今後は寄付が集まればアプリ化も視野に入れています。寄付の中から運営費などに使います。寄付が貯まればその中の数%を途上国の登録費用として寄付する計画も立てたいと思います。登録費用が途上国ではとてもハードルが高いですから相互協力だと思います。

スポンサーリンク

SHARE