その他案件

NEMがどうしても上がってしまう根拠を述べてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
NEMがどうしても上がってしまう根拠を述べてみる

スポンサーリンク

何か見落としがないか何度も見直してみると今回NEMを使うということが想像以上に良い効果を生み出すのではないかと思いました。今回は新しい着眼点で見る必要があります。従来の考え方では理解しにくいかもしれません。

募集開始

参加理由は色々とあると思います。ハイプで損をさせてしまって信頼を回復するために登録してみるということでも良いと思います。そういう今まで損を出してしまった方にはぜひこれで回収して頂きたいと思います。

とりあえずフォーム作りました。下にも書いていますが登録は無料ですから私からでよろしければお気軽に連絡ください。早い順にスタートすれば登録をして行きたいと思います。メールアドレスや個人情報はこれ以外には使いません。まずは実績を見るという人もいると思います。ご自身が納得した関わり方で良いと思います。私がこのスキームを作った理由は新しい経済圏を作りブラック企業から脱出できる人間を増やすことです。ブラック企業が無くなればいいと思いますが言葉じゃ簡単に言えますから実際に収入を増やすスキームを作りました。という流れです。海外の人も収入が少しでも増えれば良いなと思います。

募集フォームはこちら

サービスからは利益は最小

良い面も悪い面もお伝えします。情報提供は平等ですから判断を各々がしてもらえれば良いと思います。
本来何かサービスを受ける時に必ずサービス元から受けます。例えばレストランに行けばレストランから食事を受け取り、金銭を支払います。投資をしても投資元から報酬や配当をもらいます。アフィリエイトでも同じです。しかし今回のサービスではサービス元からの利益は多いとは言えません。ビットリージョンの全盛期は2016年の10月、11月くらいでした。1日2500キューが動いていました。それでも5日に1回GHが完了するくらいの期間です。1ヶ月に6回がマッチング回数です。

引き出しても6回だと6%しか利益になりません。MLMで稼がれた方去年からのハイプの感覚でいる方からすれば稼げない分類です。マッチング次第ですが元本から考えると月利1%くらいかなと思いますが、目的がそもそもこのサービスだけで利益を取るということではありませんので問題ではありません。マッチング能力次第で回数は変化します。

しかし月額30%が引き出せるなんて非現実的だということも理解しておくべきだと思います。普通だとこのサービスは稼げないんだと思ってしまいますが、まずいつ止まるかわからないという不安がほとんど存在しないということだけでも計画が作れると思います。そして利益はサービス元だけからではなく利益の一つという認識です。

NEMが上がる根拠

正確にはNEMのプラットフォームのXEMというコインになりますが、NEMで統一します。

まず1つ目、サービスからの1回引き出した時の1%の利益です。100ドル引き出し申請をして99ドル(1ドルは運営に利益)を返済しマッチングがスタートし100ドルがウォレットに着金されます。利益は1%です。サービスを破綻させないという重要なシステムです。

2つ目、ハーベスティングで利益を得る。10000NEMを準備しハーベストを行うことでビットコインでいうところのマイニングを個人で行うことができます。知識は必要なく10000NEMをウォレットに入れてメニューから選ぶだけなのでクリックだけで行えます。現時点では1ヶ月でジュース一本分くらいの報酬しかないようですが、アドレスの重要度というスコアが大きく影響します。これはネットワークの活性化の貢献でスコアが上昇します。簡単に言えばNEMの送受信です。これから皆さんが大量に送受信を行うわけですからネットワークは現在の10倍くらいも増加するかもしれません。ということはハーベストの報酬も皆さんの参加率次第となります。

さらに普通のハイプの場合は誰かから申請額の100%を受け取るだけですが、今回は99%を別で送るので199%のネットワーク活性化を行うことができますので、通常よりも倍の活性化が行えます。どれくらいの報酬になるのか未知数ですが今よりも確実に利益は取れると思います。

3つ目、価格の上昇でキャピタルゲインを得る。先ほどのネットワークの活性化、NEMを円やドル、ビットコインに変える人などが一気に続出するわけですから24時間のボリュームが激増します。
現在コインの時価総額のランキングで10位くらいにいますが、コインの発行枚数が多いので1枚の価値が低くても時価総額が大きくなっているという状況ですが、24時間のボリューム10位のコインからすると相当に低いです。

右から2番目の24 hour volumeを見て見ると9位のNEOより10分の1で11位以降。9位以上を見てもNEMが1番低いです。プロジェクト内容的には素晴らしいのですが、そんなに人気がないのかもしれません。だからこそ伸び代がまだまだあるでしょう。

4つ目、金持ちの不参加で利益を得る。お金がある方はもしかすると利益率が低いサービスには参加しないかもしれませんが、価格上昇を期待してNEMは大量に買うかもしれません。すると需要が増えるので価格は上昇し参加者全員に恩恵が行き渡ります。参加しなくても貢献することになります。ハイプを行えば実際にNEMを送金しないといけないので今までのハイプの失敗から学びホールドしているほうが良いと考える方も想定できます。この発想が多いほど価値は一過性なので上がりません。しかしお金持ちの方が積極的にこのサービスを勧めることで取引量が増え価格が上がり利益を得れます。

単純な話参加はしないけどNEMの価格上昇の利益は欲しいという方はたくさんの人を誘ってくださいということです。それがご自身の良いとこ採りができます。普通の暗号通貨の取引でも稼げる人はいるでしょうがこれほど上昇が事前にわかっている通貨があるということを知っているというのは単純に安全だということです。乱降下するということは損をする可能性も上がるということですから取引で勝てる人もいれば負ける人もいます。

5つ目、止められないサービスで利益を得る。この根拠を理解すればサービスはもう止まらないことが理解できます。まずスキームで止まらないことが数字で証明されました。あとでまた解説します。するとNEMの価値を上げているのは今回のサービスだと理解できます。市場の需要と供給が価格を決めている為このサービスを利用する人がいなくなれば従来の取引量に戻るわけですから今の価格に戻っていきます。つまり価格の上昇で利益を得れることが理解できればサービスを止めるわけにはいかないということです。

そして破綻しないシステムなのでそこからも1%の利益を得れます。ハーベストでも利益を得れます。価格の上昇でも利益を得れます。改めて考えてみてこれ弱点が見つからないと思ってしまいました。ハッキングして価値を上げているわけじゃなくて純粋に扱う人が増えるからですから、市場原理に則り不正はしていませんのでさらに信頼を勝ち取ります。

まとめ
サービスから利益を得るのではなくその周辺の環境で利益をとっていくビジネスモデルだということがわかります。この視点が新しいので従来のサービスだけで利益をとるという発想を更新してサービスと周辺で利益を得るという項目を追加してください。

人間は群れる動物です。企業でも社内政治と言うくらい派閥化していきます。ビットリージョンも何組か派閥化していったものもあるようですが、私は1ミリも興味はありません。自己保身という強烈な利権が絡まり合います。そんなものに興味がないから匿名で記事を書いています。私のことは一生誰も知らなくて良いと思っているくらいです。私と気が合う方、合わない方いるでしょうがご安心ください。今回はそんな社内政治は無意味です。無意味というか機能しません。どんな理想や思想があっても全員の共通点はサービスの利用者を増やして価格の価値を上げるということに集約されます。そして損害が発生しにくいです。

性悪説を用いていますので悪意あるユーザーがいても必ずルールが適用されます。

合理的な方法

まず資金に余裕がある方はハーベスト用の10000NEM+申請手数料0.15NEMと投資金用のNEM+価格上昇に備えるNEMと3種類のNEMを準備しましょう。そしてハーベストを行っておいてサービスを利用してください。すると皆さんがどんどん利用していくにつれておそらくハーベストの利益率が上がって行きます。それに伴いNEMの価格が上がっていきます。あとはなるべく低収入の方を誘ってあげてください。もう本業だけで稼ぐ時代は終わりました。何の能力も必要なく収入を得れる方法があります。お金持ちの方にはNEMを大量に買ってもらい価格を上げる貢献をして頂きましょう。どんな目線でも同じ目的になりますので意見が分かれることは少ないと思います。

ゴールドマンサックスは最近為替トレーダーの600人中598人を解雇したそうです。残った二人は相当優秀なんでしょうが、全てAIで取引をするようです。プログラマーがAIの知能を向上させていき、取引に能力は必要ないということがわかります。つまり金融で利益を上げるためには人間の能力は必要なくなってきているということです。

破綻しない理由

ビジネスモデルはとても単純です。投資の原則である返済を機能として取り入れ、マッチングと独自運用と新規投資で回していくというものです。

またサービススタート時に詳しく解説しますが現時点でわかっていることをお伝えします。
登録料: 0円
投資最低額: 100ドル
引き出し最低額: 100ドル
1日の配当: 0.5%
元本ロック: 60日
投資完了期間: 180日
ビットリージョンでいうところのオールリリースの期間が決まっています。

前提条件
同時に投資し同時に引き出す。新規会員が増えない。

会員が10000人
投資が最低額の100ドルを行った。
合計投資額1,000,000ドル
100ドルの引き出し申請を行い、返済を98ドル、運営利益の1ドルをそれぞれ支払った。
マッチング回数(リージョンの全盛期)
1日2500回 × 30日 = 75,000回
引き出し合計金額75,000回 × 100ドル = 7,500,000ドル
返済98% = 7,350,000ドル
運営利益1% = 75,000ドル
2%のズレ 150,000ドル

返済金+2%以上で破綻しないということになります。

この2%のズレを投資金と運用益で賄います。

今回のシミュレーションは投資額から回します。
残り投資額 775,000ドル
180日後強制オールリリースになるのでまた投資が見込まれます。

破綻しない

まず今回は1日0.5%なので100ドル投資して引き出せるようになるまで時間がかかるということ、その間新規会員が参加しないというのは考えにくいということ、
厄介なのはリージョンでもそうですが、1度投資をすれば半永久的に配当を貰え続けられることです。なので期間を決めて強制オールリリースでリージョンでいうところのbr shareに移動します。180日間なので90%の配当をもらえます。10%余るので市場にまた流れます。そして2度と投資をしないという人もいるでしょうが、また投資をするという人も十分想定できるので一定率は毎月新規投資になり、これと独自の運用で額は少なくても補填し続ければ止まらないシステムが出来上がります。

あとはマッチングはリージョンを参考にしましたが、送金はビットコインの10倍くらい早いので会員の支払いのミスがなければもっと早く回るでしょうから利益も増え、NEMのネットワークも活性化され、価格も上昇しやすくなるということです。このサービスをいかにたくさんの人が使うかで全員の利益になり損が限りになく出にくい(絶対は存在しないので出ないと断言はできないが)、ほぼ出ないシステムになり新しい経済圏を作ることができます。会社が海外のマーケティング能力がどれくらいあるか知りませんが、先に日本が広まると思いますので海外でも広まって欲しいですね。

スタートしたらとりあえず操作方法など作成してまた記事にしたいと思います。そして税金の件も一緒にお伝えできればと思います。合法的に節税できる方法もお伝えできればと思いますが、しっかり税金は支払いましょう。
利益を保証するものではないことだけ了承の上ご参加ください。

スポンサーリンク

SHARE