Bit Region

GHがなぜ遅いのか!ビットリージョンだけの話ではなかった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
GHがなぜ遅いのか!ビットリージョンだけの話ではなかった

スポンサーリンク

最初に注意事項です。これも一つの見解であって参考程度にしてください。しかし私の見落としていた部分もあり、別の着眼点からの発想になんだか足りない部分を補填してもらったような気がします。もしかしてこれが今の真実なのか?とおもわず思ってしまいそうな分析です。blockchainをとても勉強されていた方から教えてもらいました。ここでのblockchainとはビットコイン自体のことです。

サーバーは解決した?

私もこの先入観にはまっていました。もちろん実際はどうなのかはわかりません。サーバーの問題かもしれませんし、そうじゃないかもしれません。今回は別の視点から解説していきたいと思います。

PHが足りない?

この問題も騒がれていますね。GHが多いのはPHが少ないからだ!という論点もよく理解できます。

今世界で何が起こってるのか?

先日blockchain.infoにハッキングの話はしたと思います。その影響でビットコインの送金に大変な障害が発生しました。

マイニング

ビットコインは誰も管理していない暗号通貨です。仮想通貨と言いますが、正式には暗号通貨です。政府が仮想通貨と言っちゃったのでその名前が浸透してしまいました。話は脱線しましたが、誰も管理していないビットコインの送受信をどうやって認証しているのでしょうか?それがマイニングという作業です。ビットコインではPoWという作業を行っています。簡単に言えば難しい数学問題をコンピューターが計算しているということです。

それは主に中国の山の中で行われています。電気代や場所代などが安いからです。大量のコンピューターが並んだ画像を見たことがある方もいるかもしれません。彼らがなぜ大量の機械を持ち込んで行っているのかというと報酬が入るからですね。世界中の取引を10分あたり1ブロックとして承認しています。報酬と送信手数料が入ります。

さて、送金手数料を変更できるウォレットを使っている方は見たことがあるかもしれませんが、送金する手数料を変更することができます。手数料が安ければ確認に時間がかかり、高い手数料を支払えばその分早く承認されます。送受信をトランザクションと言います

報酬を選ぶ

彼らは現実の電気代と機械、工場のような広い土地を使っていますので、費用対効果はとても重要な問題です。

0.001の報酬と0.002の報酬だとどちらを優先しますか?
聞くまでもないですよね。もちろん報酬が高い方を優先して認証しています。
この報酬の高いトランザクションが優先されてマイニングされており安いトランザクションは後回しにされています。24時間経過すればエラーになり元に戻ります。これが最近までおこっていたGHのキューが一気に減ったり増えたりしていることにつながるかもしれません。

今また不安が再熱してきているようですが、私はビットリージョンを1ミリも疑っていません。全く問題ありません。

ビットリージョンの問題ではなくblockchainの問題だったら?

ビットコインとblockchain.info

ビットコインのシステムはその機能を使えるようにAPIというものを発行しています。blockchain.infoはそのAPIを使い一つのサーバーで制御しています。また最近blockchain.infoから送金したビットコインが12時間も相手に届かなかったという問題を聞きました。これが中央集権です。一つのサーバーで管理している為です。APIを使いビットコインのシステムで管理されていますが、送信や受け取りはAPIを利用してblockchain.infoのサーバーで行われています。

私が使っているbitpayやbread walletは問題なく送受信できました。

ビットリージョンはblockchainを使っている

私は非常に高い確率で使っていると思います。私はスマホの人はbread walletかbitpay、PCの人はblockchain.infoを使わないようにしてほしいと思っています。

ビットコインのシステムは昔から送受信が遅いと問題視されてきました。これからセグ・ウィット、ライトニングネットワークなどの導入に向けて議論が盛んに行われています。これがどんな技術なのかは割愛しますが、ビットコインのシステム自体が処理に耐えきれていない可能性もあるのでは?という話です。

1/4〜1/7の問題は様々な見解がネットにありますが、正直いろいろな理由が考えれるのでわかりません。しかし、確かな事実があります。

海外ではシステムメンテナンスやサーバーエラーなどについては事後報告が多いこと、
マイクロPHやGH以外のすべての機能は正常に動いているという点です。

これがリージョン破綻説を簡単に覆す事実ではないでしょうか?

本当にリージョンが破綻するとしたら既に2016年に何度か破綻のタイミングはあったのではないでしょうか?皆さんが一番覚えていると思います。504が頻発した時期です。私も本当にストレスが溜まりました。なぜわざわざサーバーを4倍にしたのでしょうか?

ネットでリージョンのサーバー代が億かかっているという話もありますが、たった10万人くらいで億はいきません。正直100万は越えてるかもしれませんが、余裕で500万未満だと思います。サーバーを増やしたならおそらく並列でつないでいるでしょうから、実質的には4倍ではなくもっと処理速度は速いわけです。

この事実だけを見て、GHが今問題があるということだけを以ってリージョンが終わったと判断するのは早いのではないでしょうか。なぜ事後報告なのかというと、サーバー処理をしている場合はサーバーの防御力が下がってしまいますから、事前報告だとハッカーたちに今無防備だと教えるようなものだからです。発表を待ってる人たちには申し訳ないですが、攻撃してくださいと大々的に発表をすることはできません。

システムの問題か、blockchainの問題か、ビットコインの問題か憶測は止まりませんが、GH以外は動いている状態という事実は変わりません。ここからは我慢比べです。投資マインドが試されます。投資マインドとは説明が難しいですが、全員が右を向いた時に左を向ける勇気とでもいいましょうか。

自分との戦い

人間はパニックになると本性が出ます。ましてお金の問題です。普段は冷静に考えてる人でも、平常ではない時はその人の本性が出てきます。この時にどれだけ理性的に考えられるかが大事です。リージョンを信じないでください。それは上下関係です。リージョンと私たちは同じP2Pで繋がった対等な存在です。理念を理解しヴィジョン(理想)を見ましょう。

私はヴィジョン(理想)があります。それは一部の人がたくさん稼ぐのではなく、できるだけ世界の多くの人が少しでも1%の恩恵を受けて豊かになれるようにリージョンを維持する義務です。これから参加している人たちの為にリージョンが存在すると私は思います。

そんな時に情けない姿を新しく参加してくる人に見せても良いのでしょうか?リージョンを通していろいろな出会いがあります。いろいろな勉強もさせてくれます。ぜひファンサイトでハッピーなムードをつくり、遠足が待ち遠しい子供の頃を思い出しましょう。

スポンサーリンク

SHARE