その他

あなたも投資家になれる月利30%のビットコインの投資方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
投資家になれるチャンスが仮想通貨にはある

スポンサーリンク

投資とは株式やFX、新しいビジネスに投資、様々な投資がありますが、リスクが高いほどにリターンも高まることが多い。見極めがとても大事で長年の経験や知識が自身の収益にとても影響する分野。一般人じゃとても参入できないですよね。参加できても株式投資かFXくらいでしょう。少額でも参加できて経験を積むことができる。しかしどの分野も向き不向きがあり能力の問題で勝てる人と負ける人が出る。

今回の記事は初心者でもしっかりと利益を出せる方法の解説というテーマです。

お金でお金を稼ぐ投資家

一般的な労働は自分が働いてその分の報酬を得ることができます。基本的に時間を使うことで報酬を得る形態です。投資家は違います。お金に働かせてお金を稼ぐことを投資と良いいます。資産を投げるという意味ですね。お金を稼ぐ為だけなら投資家は非常に効率的です。

例えば1万投資して一ヶ月5%なら500円です。これは1万円に働かせて一ヶ月で500円を得たことになります。あとは元本の問題です。10万なら5000円、100万なら5万、1億なら500万。金額を増やしただけで行った行為そのものは変わりませんね。

しかし一般的な働き方は報酬が上がるとその分責任と内容が重要になり重くなります。

労働者から投資家には高いハードルがある

仕事のやりがいややりたい仕事というのは置いておいて、単純にお金を稼ぐだけなら投資家はとても魅力的です。お金に働いてもらうわけですから、元本が増えるだけで増えるお金は何倍にもなります。いつかは投資家になりたいという方も多いと思いますが、この労働者から投資家に仕事を変えることはとても高いハードルがあります。

お金の知識と豊富な経験

株式投資やFXはチャートを見る能力を育てれば素人でも数年勉強すれば行ける可能性がありますが、チャートを見るだけじゃなく政治的な要素や経済的な要素でもチャートは大きく動きます。ファンダメンタル、テクニカルと呼ばれているものです。テクニカルはチャートを分析し未来を予想することで利益を取ります。ファンダメンタルは大きな流れの中で政治的な要素や定期的に発表される雇用対策の発表などが大きく影響しています。政治的な要素でいきなり暴落することや逆に高騰することもあります。

ある程度経験や情報的な知識などが必要です。日本でも何万人も投資を行っていると思いますが、どの業界でも一握りだけが勝てます。

ベンチャービジネスに投資をする

この投資も相当レベルが高いです。投資家は普段から数々のビジネスモデルを見ています。元経営者や現職で経営を行っている兼業投資家もいると思います。一方労働者はそんな機会はあまりありません。普通に働いてベンチャー企業の投資の話をベンチャー企業の社長から話をされた経験は中々ないと思います。お金のあるところにお金は集まるという類は友を呼ぶというような言い方をすることもあります。

素人でも投資家になれるチャンス

やはり投資家になるのは難しいのだろうかと思った方は多いと思います。株式やFX、ベンチャーもビジネスモデルを見極めて投資をするのはハードルが高いです。一般人に来る話といえばアフィリエイトかネットワークビジネスくらいでしょう。ネットワークビジネスもビジネスの本質的なビジネスモデルなので良いかもしれませんが、正直10年くらい前が全盛期でした。私的にはネットワークビジネスは面倒だなと思ってしまいます。ビジネスモデルは経営の話なのに話をするのは労働者ですから判断しようがありません。だから情熱で勧誘することで、強引になり不満が膨らみネットワークビジネスは怪しいとなってしまいます。

仮想通貨で大逆転!

素人でも参加できるのがネットワークビジネスとアフィリエイトです。しかしどのビジネスもノウハウや能力が必要です。仮想通貨はまだ法整備が整っていないほど未成熟な分野です。逆にいえばチャンスがあるということです。

このブログを見て頂いたということは投資家になりたい、投資家だけど新しい商材を探している、副業を探している、仮想通貨の業界に興味がある、このどれかだと思います。

ビットコインでまずは稼ごう!

私がオススメするのはビットリージョンです。どんなビジネスかというとビットコインの特性とクラウドファンディングの特性を兼ね合わせた投資サービスです。投資家の能力は必要ありません。投資を行うと1日1%の利息が手に入ります。

詳しくはこちらをご覧ください。
ビットリージョンをエンジニアが検証してわかったこと

お金を働かせて収入を得る

このサービスはまさに冒頭からお伝えしてきたお金に働かせて収入を得る話です。得るための条件は登録するだけです。投資の能力が無くても利息をもらうことができます。リンクを見ればその不安は解消されます。

経営者や投資家の発想で見てみよう

投資家や経営者はわからないものは理解があまりできない不安なものに対して不安だから話も聞かないという行動はとりません。主に労働者がそういった行動をとってしまいがちです。なぜか?普段から様々なビジネスモデルを聞いたり、自分で考えたりしているのでビジネスモデルがなぜ成立するかを考えます。不安を解消しようとします。

しかし、労働者の発想では臭いものには蓋をしてしまって不安を解消するのではなく不安から遠ざかろうとする傾向があります。経験不足なのでしょうがないと思いますが、自分がもし投資家なら?と考えてみると感情論抜きにビジネスモデルとしてみることができるでしょう。

スポンサーリンク

SHARE