NEM

NEMを購入する方法とウォレットの使い方を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
NEMを購入する方法とウォレットの使い方を解説

スポンサーリンク

ここではNEMの使い方をお伝えします。取引所での購入の方法、ウォレットの作り方など送受信や保管、セキュリティ、ハーベスト(マイニング)などの方法を解説したいと思います。

現在のNEMのレート

NEMの詳しい説明はこちら(おそらく1番詳しく解説されている)
仮想通貨のネム(NEM)/ XEMとは? 概要と最新情報

この記事では新しいサービスになぜNEMなのかということを解説したいと思います。

ハーベスティング

ハーベストはネットワークの貢献度によって報酬がもらえます。いわゆるNEMのマイニング方法という理解で問題ありません。ハーベストを依頼するには1万NEMをウォレットに入っていることなど多少条件がありますが現在の価格でそこまで高額ではないので多くの方が行えると思います。

ネットワークの活性化

ネットワークが活性化させることの報酬ということはサービス内でたくさんのNEMが飛び交います。ウォレットの重要度のスコアを上げるには送受信を行い活性化を行う必要がありますので、サービスを利用するということだけでこの活性化させることができます。するとサービスをたくさんの人が参加して活性化するとこのハーベストの報酬も上がるかもしれません。Bitcoinは専用のPCとプログラム技術が必要でしたが、NEMではクリックだけで設定ができるのでとても簡単です。

サービスの利益とハーベストの利益とコインの価値の上昇の利益、複数の利益を得られることになります。

価値はまだまだ上がる

現在の価格は他のコインと比べると低いです。これは既に全てのコインを発行しているという量で順位を上げているということになりますので、我々がNEMの順位を上げることだって可能だと思います。

ウォレットの作り方

日本でNEMを得れる方法を解説します。取引所はコインチェックとzaifの二つがNEMを購入することができます。今回はコインチェックに使わないので偶然いくらか入っていたのでコインチェックで解説したいと思います。

6000円ほど入っていましたのでこれを利用したいと思います。通貨名がXEMになっていることにも注目です。

コインを買うメニューからNEMに行きコインの量を入力します。今回はBitcoinでの購入なのでBTCにします。円の場合は円にしてください。

無事に購入できたのでXEMに購入分が表示されています。

取引所をウォレットに使用している方もいるかもしれませんが、それだとハーベストは行えないのでNEMが推奨しているNEMのウォレットを解説します。基本的にNEMのウォレットはこの公式推奨のnano walletかハードウォレットしかありませんので大体は皆さん共通になります。

ウォレットのダウンロードはこちらから
https://nem.io/downloads/

スマホ版はPC版の次に解説します。

Macの場合はアプリが開けないかもしれませんのでシステム環境設定のセキュリティーとプライバシーから開いてください。

アプリが開くと以下のようなトップ画面が見えます。右上にログインとアカウント作成があります。もし言語が英語だったら日本語に変更できますから変更してください。今回はアカウント作成なのでアカウント作成をクリック

シンプルウォレットは通常のウォレット。ブレインウォレットは秘密鍵をパスワードにするウォレットで非推奨。プライベートキーウォレットは既にウォレットを持っている人がバックアップから復元するという解釈で大丈夫です。ここではシングルウォレットを選択し、ウォレット名でお好みの名前とパスワードを設定。ネットワークはそのままで大丈夫です。

するとwltファイルが作成されますので確認してください。それとプライベートキーをできるだけ安全な場所で保存してください。プライベートキーがBitcoinでいうところ復元フレーズになりますので厳重に保管してください。この二つのファイルはしっかり保存しましょう。

保存が完了したらチェックを二つ入れてください。

これでアカウント作成完了です。ダッシュボードが表示されました。右上のアカウントをクリックするとこのアカウントのアドレスを表示する画面に行くことができます。

各種メニュー
ダッシュボード: 送受信のトランザクションの表示
送信: NEMの送金
サービス: マルチシグの設定やハーベストの設定、各種設定(特に必要なし)
エクスプローラー: トランザクションの検索など
ウォレット残高をクリックするとドル、Bitcoin、NEMと表示方法が変わります。

左上の文字列がこのアカウントのアドレスです。受信する際はここ書かれている文字列を入力してください。
このnano walletはHDウォレットに対応しているので秘密鍵に紐づかれた複数のアドレスを作成できます。左下のアドレス追加で可能です。この際追加したアドレスも秘密鍵の保存をしてください。

右側はバックアップをし損ねた人はここでしっかり秘密鍵を保存するようにしましょう。パスワードを入力すると表示させることができます。あとはモバイルと同期することも可能だということですが、とりあえずはまだ試していませんので調べてください。

それでは購入したNEMを作成したアカウントに送金しましょう。アドレスを送金先リストをクリックし設定してください。

Bitcoinと一つ違うことはメッセージという項目です。これはNEMにメッセージを一緒に送金することができます。取引所はこのメッセージの違いを判別しています。例えばnano walletから取引所に送金する時にメッセージを入れ忘れたら誰から送られたか分からずに不明金となります。

取引所から送る時は送り先はnano walletなのでお好きな文字を入力しましょう。日本語でも遅れますが最初は半角英数字です。このメッセージは重要なので入力しないと誰かわからないということは覚えておきましょう。逆にいうと送った証明もできるということです。

右上のアカウント名をクリックするとログアウトできます。

半コールドウォレット

クラウドウォレットではありませんが、コールドウォレットでもありません。しかしローカルにあるキャッシュを利用しているので、アプリを閉じれば自動でログアウトされることからセキュリティは非常に高いと思います。

アプリを開いた時のトップ画面で右下のゴミ箱をクリックすればキャッシュを削除することができアカウント作成したアカウントでログインができなくなりますが、ウォレットをインポートすることでログインできるようになります。

送信の注意

今回は簡単な部分の解説をしました。ネームスペース、モザイク送信などの機能は解説をしていません。送受信をするだけの人は必要のない機能ですから飛ばしても構いません。送金する時はモザイク送信というチェック項目もありますが、常にチェックを外していれば問題ありません。ネームスペースとはNEMの中で独自のコインを発行できるという機能です。興味のある方は調べてみてください。

スマホ版

スマホ版はこちらから詳しく解説してあります。
http://www.cryptostream.jp/nem-mobile-wallet-3113/

実際に購入しウォレットに移すまでにご自身で色々と試してみてください。

  • アカウントを作成しログインして見る。
  • 新規アドレスを追加してみる
  • トップ右下のゴミ箱でキャッシュを削除してまたログインしてみる
  • 少量のNEMを受信してみる
  • 少量のNEMを送信してみる

これくらいのことをテストウォレットで試してみてください。幸い1コインの価格が低いので色々と試せると思います。ハーベストのやり方も次回解説したいと思いますが、ネットを調べればたくさん出てきますので何かを参考にしてください。

スポンサーリンク

SHARE