メンタル

実際、分散投資と集中投資はどちらが正しいのか考えてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
実際、分散投資と集中投資はどちらが正しいのか考えてみる

スポンサーリンク

投資には分散投資と集中投資があります。どちらも重要な手法ですがしっかり使い方を理解して使わなければいけません。自身がどういう運用目標があり投資を行っているのか?を理解し実践していくのが大切だと思います。分散と集中に関しては正解はありません。その人独自の理論や方法などで変化していくと思います。ここでは歴史上の投資家たちの見解を掲載し、私の持論を書こうと思います。観覧者を誘導する記事ではなく、立ち止まって考える時間も大事という問題提起だとご理解頂ければと思います。もちろん釈迦に説法の方が多いと思いますので暖かい目で見て頂ければと思います。

分散は無知か?それとも賢明か?

分散投資とは数カ所に資産を分けて投資していくという手法です。名前の通りですね。

ウォーレン・バフェット

ウォーレン・バフェットはこう言いました。

分散投資は、リスクヘッジではなく「無知に対するヘッジ」

ウォーレン・バフェットは集中投資で資産を築いた人物です。投資の神様と呼ばれた男は分散投資は危険だと認識しているようです。

ピーター・リンチ

彼も集中投資で資産を築きました。1997年から約13年間マゼラン・ファンドというファンドで働き運用担当として指揮をとり、仕事をしました。ピーター・リンチという名前は有名なので聞いたことがあるかもしれません。彼の功績はとても偉大です。運用始めた当初は2,000万ドル(24億円)でした。そしてピーター・リンチがたった13年で140億ドル(1.6兆円)という世界最大規模にまで増やすことに成功しました。

ピーター・リンチの運用方法

彼の特徴的な運用は外食産業や小売などの身近な企業を投資対象として考え、価値が低いときに購入し長期保有するというスタンスでした。そして「個人投資家ならば5銘柄程度に投資をすべき」と話しており、「株式市場では、確かな1銘柄はよく分からない10銘柄に優る」と集中投資をとても薦めているのがわかります。

私なりに分析してみると、よくわからない10銘柄というのは上がるか下がるかわからない天気のような銘柄に投資するよりもはっきり自分でも理解できる銘柄を自分で見つけ、探してそこに投資をするべきということでしょうか。

ウイリアム・ギャン

彼も20世紀でとても有名な投資家です。現在でもとても尊敬されている人物でとても有名なトレーダーからは「一時に10のことに集中できる能力を持った人はいない。成功するには少数の銘柄を選び、それに集中することである」という彼のやり方にとても尊敬を抱いているのがわかります。彼の価値ある28のルールはとても有名で現在のトレーディングでも鉄則になっています。

卵は一つのカゴに入れるな

これは金融の世界で昔から言い伝えされてる言葉です。今までの内容をみていると集中投資が投資の有効手段と思われるかもしれませんが、投資は分散が鉄則という言葉もあります。卵は一つのカゴに入れるなが象徴的な言葉です。カゴが落ちてしまえば卵がすべて割れてしまいます。

企業が倒産してしまってはすべての資産を失ってしまいますから。すべての卵が割れるリスクは少なくしようというのが金融界の薦めです。
言いたいことはよくわかります。集中投資をしていると一つがもし潰れてしまうとすべて失ってしまいます。

ベンジャミン・グレアム

彼は分散投資で成功した人物です。致命的な失敗を回避し長期に渡り安定的な利益を生んできました。その方法とは現金・債券と株式のバランスを考えながら分散投資してポートフォリオで管理するという戦略です。分散投資の第一人者がこのベンジャミン・グラアムという人物です。

彼は元々は分散投資者ではありませんでした。人生の中で何度も失敗し破綻を繰り返しその結果生まれた思想が資産を守る為に分散的に投資するということでした。

守る?築く?

さて、数人の参考人物を見て頂きました。投資の暗黙のルールがあります。それは資産を守るなら分散、資産を築くなら集中という概念です。これは考え方によって違うと反論が出てくると思いますが、私はこの発想は理にかなっていると思います。例えば資産10万の人物が資産を守って分散投資を行ったとしましょう。10万円を分散するのですからその分配当は下がりますが、大きな失敗もないかもしれませんし、失敗するかもしれません。しかし、まずは資産を築くと考え集中的に投資し10万円を先に増やすことに専念するのも良いと思います。

資産1000億の人物が分散するのと資産10万の人物が分散するのでは背景が違い過ぎるということです。私は保身は目を曇らせると考えています。1000億もあれば年利で多少プラスになるくらいでも莫大な利益です。

投資の対象は金だけじゃない

私が重要なのは投資というのは人生において全員が行っていることだと思います。知識を身につけたいから書籍に投資をする。技術を学びたいから専門学校に投資をする。投資先はそれぞれですが一番重要なのは時間は平等ということです。本質的にはすべての投資は時間配分ということです。暗黙に時間を投資していることに気付くべきです。5:5の分散投資(時間)を行って資産を築く立場の人間が半分の時間で果たして成功するでしょうか?

現在様々な投資案件が生まれています。ネットワークは中流階級以下の商品だと思っています。参加している私も自覚しています。一般人が多いということです。資産1000億の人間がネットワークに参加するか?彼らはネットワーク事業を立ち上げる側に回るでしょう。

人の3歩先を考える

私は常に3歩先を意識しています。できるかできないは別にして意識するということが大事です。思考は行動に出ますから。行動に出れば現実が変わります。

ポーカーではレベル3の視点と言います。
レベル1は自分の手札が強いか弱いか
レベル2は相手の手札が自分より強いか弱いか
レベル3は相手から見て自分の手札が強いか弱いか

明らかにレベル3は意味が変わってきます。つまりこれは運営がどんな意図がありどんなことを望んでいるのか見えるようになります。株式の場合はその企業の将来性的なものもきっと普段よりも深く見えることになると思います。

問題は自分が今何のために何をしているかをしっかり自覚できているか?ということです。事業を作ることは簡単ですから案件に踊らされないように主軸を見失わないように何の為に行っているものかを理解して時間を投資するべきだと思います。

スポンサーリンク

無料EBook:Bilee式ビットコイン投資運用
6,000円が200万に化ける!?驚きの運用方法と理解するべきたった3つのこと

株式投資やFXのように本人の実力が大きく左右する投資は素人には手が出せるものじゃないですよね?
ビットコインなら初心者でも可能です!

  • 複利運用をすることで倍々ゲーム

  • 当サイトが完全サポートを決断

  • 投資の常識が180度変わる

  • 投資歴は関係ない


など具体的な運用方法の解説などを含めた全47ページに渡って完全解説しているものです。
あなたの資産をさらに増やしましょう。

新規登録や追加アカウントで紹介登録募集中!
登録するメリット一覧

  • 運営が会員に望んでいること

  • 末端の参加者でも稼ぐことができる画期的な方法

  • 5ヶ月で30BTCにする方法

  • 他の仮想通貨の投資案件紹介

  • 99%の会員が気付いていない本当の使い方


アップデート: 2016/11/07
バージョン: 1.0.2

ダウンロードする

コメントを残す