その他

気付くことは自分を知り世界を知る中で最も難しく大事なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
気付くことは自分を知り世界を知る中で最も難しく大事なこと

スポンサーリンク

前回募集したパートナー募集のサイトでこういう内容をお届けしたいと思います。すべて持論であり私の独自見解ですが今まで気付いてきた発想方法などをお伝えしたいと思います。気付くというのがどれだけ難しいのか皆さんはご存知でしょうか。おそらく人生経験、教養含めてこのサイトをご覧の方すべてが私より上だとは思いますが少しだけでも気付かされる人に影響を与えられることを望んでいます。

洗脳と暗示は違う

まず第一に数百年前から世界は洗脳合戦でした。自分たちの利益のために大勢の民衆を洗脳することで利益を守っていました。洗脳も本人が望んでいるなら良いとは思いますが結果論です。洗脳は自身で解くことはできません。暗示は自分で解くことができます。

暗示と洗脳の違いは先日私の募集で行ったことが暗示に近いです。インスタントな意識誘導ですね。タイトルを見た時点である種のバイアスがかかり問題内容とあの画像を見れば手前しか選択肢がないことに後から気付きます。私は選ばせること自体は前提条件でその裏側にある部分を知ろうとしたので特に問題はありません。しっかり種も明かしました。

自分で決断しているか?

本当に自分自身の考えで決断している人は私を含めてほぼいないと思います。必ず何かに人は影響されます。育った環境、今の環境がすべてを決めています。アインシュタインは「常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションのことを言う。」このように言っています。時代背景を考えると18歳までではなく生活環境範囲内だけの偏見かなと思います。

テレビを捨てるべき

テレビは最大の洗脳装置です。毎日平均何時間見ているでしょうか。3時間以上毎日テレビを見る人はIQが下がるというアメリカの実験データもあるくらいです。テレビは受信するだけです。そこに思考は存在しにくくなり思考停止状態になり情報を受け取るだけの状態に脳が変化していくような気がします。逆にネットはどうでしょうか。google検索でも自分の意思が介在し受信だけではなく思考が発生します。

CMは徹底的に心理的に考えられて制作されています。車のCMでは助手席に美人な女性が座り、景色が良い道路をかっこいい車で走りその車を購入すればそれが手に入るかのようなストーリーにしたてあげています。購買意欲を掻き立てる為に暗示をかけているようなものです。同じCMを1日に何度見るでしょうか。明らかな洗脳行為です。

バラエティでは知識がない人を持ち上げ、知識がある人に学歴だけじゃない幸せこそが大事だというストーリーを作り、芸能人が立派な夢より毎日仕事帰りに飲む酒こそ幸せのようなエピソードトークをトークのプロの方々がしゃべります。

映画も100%洗脳ですがまだテレビよりはマシです。

私は幼い頃に自覚していたかどうかはわかりませんが、中学生くらいからテレビはほとんど見ません。自宅にはもちろんテレビはありません。

気付きとは?

・(他人から教えられたりせず)自分で心に感じとる。
・(失神状態などから)正気にもどる。

このような意味があるそうです。

子供の頃に戻る

子供の何故何故質問はすごいです。好奇心が強いからか何でも何故?と聞いてきます。私は普段そのような状態にいます。単純に疑問だからです。

猫はいつから猫なのか?
信号が緑なのになぜ青と言うのか?
最初の一杯はなぜビールなのか?
時間が経つほどになぜ空の色が変わるのか?
宇宙に螺旋がなぜ多いのか?
黄金律の1:1.618とフィボナッチ数列がなぜ自然界に多いのか?
賢い人と賢くない人の違いはあるのか?
禁煙ブームは本当に正しいのか?
ヒトラーは本当に悪だったのか?
googleの最終目的は何なのか?

などなど疑問はきりがありません。こんな疑問をなぜだろうと仮説を立てて遊ぶのが好きです。正解か不正解はネットで調べればだいたいわかります。仮説を立てた自分はなぜこんな仮説をたてたんだろうと仮説を立てていきます。こういう思考実験の中で自分とはどんな人間なのかをなんとなく知ることができます。

分析の前にこういう疑問癖を習慣つけておくととっさの時に疑問が出てくると思います。テレビはおすすめしませんが料理番組でお店が紹介された時にこの広さでこの席数、場所、料金、客層を考えたらどれくらいで一ヶ月回るだろうかなと自然と調べたくなればテレビも少しは役に立っているかもしれません。

それよりも料理を食べてみたいと思ったらテレビに洗脳されていると思ってください。

私自身教養はほとんどありません。一般常識もほとんど知りません。私の中ではそんなことはどうでもいいからです。他人がほぼ知っていることやネットで調べたらわかることを覚えても意味がないからです。地球は水の星ではなく鉄の星という知識はあるが飛行機の乗り方はネットで調べるという変な所もあります。

常識、普通、暗黙のルール

常識や普通という言葉は好きではありません。それは過去の統計論として一般的に認知されている概念ですがそれと私に何の関係があるのかと思います。過去の最適化で生きるなら人間は猿のままでしょうし、文明は発達しなかったでしょう。ルールを無視するということではなく意味のない暗黙の常識や了解こそ洗脳行為だと思います。しかし社会で生きるにはこの洗脳が必ず発生します。

新卒で会社に入るとその先輩や上司に社会とはこうあるべきだというただの過去の統計論を常識という曖昧な言葉で再教育させられ社会人とはこうあるべきだと洗脳させられます。学んで実践しないと生活ができないからです。その先輩も新卒の時に先輩や上司から再教育させられているため自覚できていません。自らで解除できないのが洗脳です。常識に反抗するとそういうやつは社会人として失格だと意味不明なレッテル貼りをしてきます。これに生きられない人が自分で起業したりします。そこでも結局ミイラがミイラ取りになるように同じことの繰り返しになることも多いですが。

社会という抽象的な存在そのものが分析能力を阻害する要因がたくさんあります。
それじゃ社会を無くすこともできないしどうするんだという反論がありそうですが私はそれすらも疑問に考えます。

ギッパーとテイカー

giveとtakeです。資本主義のトップはgiveする人たちが多いそうです。与えたい人が多いということですね。興味深いのは資本主義の末端の人たちもgiveする人たちが多いそうです。つまり同じgiveでも理由や目的が違うだけで、何かに気づけば一気にトップまで行ける要素があるのかもしれません。そして厄介なのは中間層のtakeしたい人たちです。自分たちは貰うだけ、欲しいだけ。中途半端な人たちなのでトップに上がることもできません。もっと欲しいだけの人たちはトップには行けません。

私はわらしべ長者を信じています。目先の利益を取るのではなく人に自己犠牲をしてでも人に与えるだけで何年後かに回り回り大きくなって私に戻ってくると思っています。このわらしべの私の独自ルールがあります。交換して大きくなっていく何かに善悪の区別は無いということです。だから目の前に不誠実に接したらその不誠実が大きくなっていつか私に降りかかります。10の不誠実ポイントは10年後に1億不誠実ポイントとして戻ってくるかもしれません。因果応報、すべてのことには理由があります。

思考は脳の運動

物理空間は現実の世界、情報空間は想像やそういう世界。情報空間は物理世界と連続している。つまり情報空間は物理空間に影響を与えます。例えば想像妊娠、これは情報空間が現実に反映されています。厳しい修行を行う仏教の世界。彼らの修行の中で霊が見えるかどうかは置いておいてその修行の中で霊のお祓いで実際に死人が出るケースがある。これも情報空間が物理空間に影響を与えたことになります。臨場感を上げていけば想像だけで人は命を落とします。

現実世界で筋肉を増やそうと思うと筋トレや運動をします。脳も同じです。脳の運動とは思考です。思考を繰り返せば繰り返すほど脳の運動能力が上がっていきます。私は寝る瞬間まで何か考えています。そして夢の中でその解決方法を見つけて朝飛び起きるということもよくあります。

会社が無くなる時代に入る

私はすでに新しい時代に入っていると思います。つまり株式会社が無くなっていく時代です。私はあと10年、20年もすれば本当にやりたい仕事を行い、生活資金は別で得るという時代がくると思います。例えばベーシックインカムなどです。生活のために仕事をする概念が無くなり、意味のない会社はAIなどで自然淘汰されます。

もっとはっきりと私の根拠を伝えることができますが本質はそこではなく、こんな時代が来るかもしれませんし来ないかもしれません。この自由な発想こそ分析力を高めると思っています。押してもダメなら引いてみろという言葉がありますが実は自動ドアで横にスイッチがあるかもしれません。間違っている分析でも一つの意見として良いと思います。金だけを追い続けた先にあるのはいくらあっても満足できない本当の貧乏な心です。貧乏とは今お金が無い人のことを言っているわけではないと私は思います。貧乏とは現状を表す表現ではなく思想に近い気がします。分析とはそれに気付くための一つの方法論だと思います。何の為に行っているのかを気付くことができれば生産性はおそらく上がるでしょうし成果も上がると私は思います。

今回はとても多く情報を書きました。しかし自己啓発するほど私には実績も能力もありません。だから答えは書きませんし書けません。私の答えはありますが見ている方の答えではないと思いますので自らが見つけて欲しいとおもいます。この自らが見つけた答えこそ価値がある気付きという部分です。サイトではもう少し方法論などを具体的に書いていこうと思っています。

スポンサーリンク

SHARE