その他案件

ビリースキームの簡単な復習と進捗情報について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
bileeスキームの簡単な復習と進捗情報について

スポンサーリンク

みなさんご無沙汰しています。今回は前回公開した記事について私の考えたスキームを見ていない方が多かったので改めて簡単ではありますが、解説したいと思います。そしてサービス自体の進捗も連絡が来ましたのでお伝えしたいと思います。このサービスが今までの損失を少しでも取り戻し、収入が低い方にたくさん参加して頂きプラスになってもらいたいという思いです。

金融の原理原則

金融の原理原則とは投資家から融資された方は元本と金利を返済するということです。ハイプと呼ばれているサービスはこの元本と金利の返済がありませんでした。運用していないので返済できないのが本音ですが。

100%という元本と金利の101%以上が返済されるので投資家は金利分が利益になります。この返済がないとポンジスキームの定義に当てはまります。「誰かの出資金が誰かの配当に当てる」です。これは無いものは増やせないという簡単な話です。ハイプの良かったところはMLMを利用ししていますがMLMはその仕組み上、人口は有限ですから末端が必ず損をしてしまうということですが個人で参加しても配当が出るので損失を超える利益をあげれるという所でした。

末端が損をするというのは資本主義の本質的な部分なのでMLMがそれほど叩かれることも無いですが、おそらくは参加者の強引な勧誘行為がこういう悪評になっている要因の一つかもしれません。日常生活でも年収の低い人が末端だと仮定すると同じように低い収入で仕事を与えられるわけですから損失という意味では同じです。支払われない残業代、異常に安い時給や給料など本来正当にもらえる額がもらえないという損失が発生しています。

ハイプの欠点

返済が抜けているので次に先延ばしにしています。誰かが最後全ての先延ばしの被害に合い引き出せないということになります。論理的には最後の1人が引き出せず終わりですが、現実的には引き出しの申請は常に発生していますから段々と引き出しにかかる期間が伸びていき気がつけば実質的に引き出せないという終わりになります。

ビリースキームの解説

名前はなんでも良いです。自己顕示欲は無いのですが呼びにくいのでとりあえずは私の名前をつけさせて頂きます。

私が考えたスキームは単純で返済を行い、運用も行うということです。
引き出し額の99%を返済し100%を受け取ることで1%の利益です。運営の利益が1%なので98%は市場に再投資されることになり2%のズレで抑えることができました。そして運営に上がってくる売り上げを運用に回し2%の運用に近づけ市場に再投資します。1%を全体の2%分にするのは難しいですが、売り上げの全体を見るとそこまで難しくはありません。

  • マッチング(新たな投資)
  • 返済再投資金
  • 運用益

この3つがサービス参加者のボーナスや配当の原資になります。2%のズレを運用益と新規投資が補填し続けます。実際に運用を行いますのでスキーム名が変わります。

利益はキャピタルゲイン

今回MLMとしては稼げる額は少ないです。引き出しても1%ですからたくさん紹介できる人は参加するメリットが弱いかなと感じてしまいそうですが、このサービスのゴールは通貨の価値をMLMの資金循環の力を借りて上げようということになります。コインの価値は需要と供給ですからこのサービスでたくさんの人がコインが欲しいと思えばコインは上がります。末端の参加者もこのコインの値上がりで利益を得れるという損失が誰もいない素敵なスキームになります。

ですからMLMの部分が重要になりたくさんの参加者でこの一つのゴールを目指して行きましょうということになります。

返済行為

本来の返済とは融資され事業や運用を行った後に金利と一緒に返済していくのですが、このサービスは先に返済をして頂きます。例えば最初に100ドル投資して引き出す時に100ドルを申請した場合は先に99ドルを支払って頂くようになるので資金は最初に199ドル準備しておかなくてはいけません。ここだけ注意してください。

新サービスの進捗情報

それでは進捗情報です。

  • 年内にスタート
  • 最初の通貨はNEM

今回はビットコインではなくNEMを使用するようです。ビットコインは送金手数料が高すぎるということが1番の原因です。そしてすっかりマイニングのマイナー達の利権にまみれてしまいました。ビットコインが今回の通貨に向かない理由をまとめました。

  • 送金手数料が高い
  • 利権で価格が安定しない
  • 承認スピードが遅い
  • 価格が高い為、実感が薄い
  • 価格の伸び代が低い

送金手数料が高い

今100ドル分を送ろうとしても300円相当の手数料が発生します。送金すればするほどマイナスになります。これは本末転倒です。

価格が不安定

最近はビットコインキャッシュの分裂などマイニング達の利益を確保する為の保身的な動機でビットコインがとても混乱しています。ビットコインを成長させるというよりは自分たちの利益を1番に考えているという印象を受けます。中央集権からの離脱が仮想通貨、暗号通貨の目的だったのに、すっかりマイナー達が中央集権化してきています。おそらく価格はこれからも上がるでしょうが、サービスで使うのは危険だと判断したんだと思います。

承認スピードが遅い

ビットコインのマイニングの方法なのでしょうがないですが、競争しているということと、手数料が利益になるマイナーたちが影響しどんなに早くしても10分はかかり、長いと何時間もかかります。通貨としては成り立っていません。

価格が高い

ぶっちぎり価格が高いので慎重な方は100ドルだけ購入しても小数点以下のビットコインしか買えません。これでは利益が出ても小数点以下の話になり、増えているという実感が湧きにくいです。

価格の伸び代

単純な話ビットコインがこれから5倍になりますかと聞かれると正直想像はしにくいです。

NEMの良い所

  • 送金手数料が安い
  • 価格が安定している
  • 承認スピードが早い
  • 価格が安い
  • 価格の伸び代がある

手数料が安い

上限はありますが、0.5 NEM (XEM)の手数料ですが、現在の価格で0.091861ドルです。とても安いです。

価格が安定している

NEMはリップルと同じでマイニングという承認は行っていません。それぞれ独自の方法ですがそのためにマイニングの為の工場を持つことはできませんので利益を巡っての利権化はまだ起きていません。

承認スピードが早い

色々NEMを触ってみましたが、早い時で5秒、遅い時でも5分くらいで承認されてますので通貨としてとても優秀だと思いました。

価格が安い

今は1NEM20円くらいなのでとても買いやすいです。100NEM購入するのも気軽にできるのでサービスを利用する時に増えている実感がありますので、心理的にとても大事だと思いました。

伸び代がある

現在NEMは10位にいますがこれには多少のトリックがあります。ビットコインや他の通貨はマイニングを行いコインを生成しています。なので全てのコインは市場に出ていません。しかしNEMやリップルは全てのコインは既に市場に出ていますので1枚の価格が低くても量で価値を保っているということになります。そして取引高を見てもそこまで高いわけではありません。つまりこれからの伸び代が十分見込めると思いました。5倍と言われても100円なので想像もしやすいです。

私の願望

Twitterには前に投稿しましたが、金持ちが金持ちになるのは歴史的にもう見飽きたので今度は収入の少ない方達が利益を得てブラック企業で働いているなら辞めて社会からホワイト化するしかないという状況を作り出して行ければこのサービスを良い利用価値があるんじゃないかなと思います。資本主義において収入を増やすのは能力が必要ですが、このサービスでは能力は何も必要ないです。インターネットリテラシーとセキュリティ意識だけです。

権力を打開するのは群衆という歴史的証明もありますからブラック企業じゃないと成り立たないのはそもそもビジネススキームが成り立っていないので自然淘汰してもらいましょう。嫌ならホワイト化してくださいっていう正当な要求だと思いますね。どうなるかわかりませんが実現できたら面白いです。社会貢献なんて大きな声では言いたくありませんが問題があると解決したくなる性格的な好奇心と解釈してください。

次の記事でNEMのウォレットなどの解説をしていきます。

スポンサーリンク

SHARE